現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


腎機能低下時におけるPemetrexedの有害事象発現因子の検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11492_13
著者:
河野 美保 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.05MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Assessment of Risk Factors for Adverse Events Due to Pemetrexed in Patients with Reduced Renal Function

Summary
 Pemetrexed is a key drug in the first and second-line therapy for non-small-cell lung cancer. It exhibits an increased area under the plasma drug concentration-time curve, and it has a prolonged half-life when administered to patients with reduced renal function, resulting in a high frequency of neutropenia. Accordingly, pemetrexed is administered to these patients with caution. Herein, we retrospectively investigated the background characteristics of patients with a creatinine clearance rate(Ccr)of<45 mL/min, who experienced severe adverse events due to pemetrexed. Thirty-eight patients with a Ccr of <45 mL/min were administered pemetrexed. Of these patients, 13(34%)developed severe adverse events(≧Grade 3)such as neutropenia, thrombocytopenia, and nausea. Multiple logistic regression analysis revealed that a Ccr of <30 mL/min(p=0.033)and the concomitant use of non-steroidal anti-inflammatory drugs(p=0.012)were significant risk factors for adverse events. Therefore, whenever possible, pemetrexed administration should be avoided in patients with a Ccr of <30 mL/min and in those receiving concomitant non-steroidal anti-inflammatory drugs.

要旨
 pemetrexed(PEM)は,非小細胞肺癌に対して一次治療,二次治療ともに有効性が認められているキードラッグであるが1,2),血中濃度下面積の増加や半減期の延長が生じるため,クレアチニン・クリアランス(Ccr)45 mL/min未満の患者への投与は,好中球減少などの頻度が上昇するため慎重投与とされている。今回われわれは,Ccr 45 mL/min未満の腎機能低下患者におけるPEMの重篤な有害事象発現例の患者背景を後方視的に調査した。計38例のうち,13例(34%)でGrade 3以上の有害事象(好中球減少,血小板減少,悪心)を認めた。その患者背景はCcr 30 mL/min未満(p=0.033),非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)の併用(p=0.012)の患者が有意に多かった。よって,Ccr 30 mL/min未満でのPEMの投与,NSAIDsとの併用は,可能な限り避けることが望ましいことが示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻13号 2014年12月号トップへ

【原著】

▶腎機能低下時におけるPemetrexedの有害事象発現因子の検討…河野 美保ほか

このページの先頭へ