現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Efficacy of Flutamide-Combined Androgen Blockade Therapy in Advanced Prostate Cancer Patients: ...

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11493_13
著者:
Hiroshi Kanetake ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
7ペ-ジ
ファイル容量:
2.32MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Efficacy of Flutamide-Combined Androgen Blockade Therapy in Advanced Prostate Cancer Patients: A PhaseⅢ Randomized, Comparative Trial

Summary
 The efficacy of combined androgen blockade therapy consisting of flutamide, a nonsteroidal antiandrogen, plus an LH-RH agonist(F-CAB)was investigated in Japanese patients with untreated advanced prostate cancer(clinical stage D).
 The primary endpoint was overall survival(OS), while the secondary endpoints were disease-specific survival(DSS), progression-free survival(PFS), reduction of prostate specific antigen(PSA), anti-tumor effects, quality of life(QOL), and adverse drug reactions(ADRs). As of the median observation period of 1,293.5 days, the F-CAB significantly prolonged DSS and PFS relative to LH-RH monotherapy(logrank test: p=0.0343 and 0.0017, respectively).
 The results of this study indicate the potential of F-CAB as a useful treatment for untreated advanced prostate cancer. Although additional study is considered necessary to determine the daily dosage of flutamide, the anti-tumor effects obtained from this study indicated that 375 mg/day is appropriate as a daily dosage, and 250 mg/day can also be considered when concern exists regarding the occurrence of complications or the development of ADRs, including liver function disorders.[Funded by Nippon Kayaku Co., Ltd., Japic CTI-050101]

要旨
 日本人未治療進行前立腺癌患者を対象に,非ステロイド性抗アンドロゲン剤であるflutamideにLH-RHアゴニストを併用する複合アンドロゲン遮断療法(F-CAB併用療法)による有効性を検討した。主要評価項目は全死亡例を対象とした生存期間とし,副次評価項目は原病死例を対象とした生存期間,前立腺特異抗原の低下,抗腫瘍効果,クオリティ・オブ・ライフ(QOL)および副作用発現率とした。観察期間中央値が1,293.5日の時点で,F-CAB併用療法はLH-RHアゴニスト単独療法に比較して,有意に疾患特異的生存期間および無増悪生存期間を延長した(logrank test: p=0.0343およびp=0.0017)。本試験の結果から,未治療進行前立腺癌患者を対象としたF-CAB併用療法の有用性が示されるとともに,本試験結果から示唆された抗腫瘍効果を鑑みるとflutamideの投与量は375 mg/日が妥当であるが,合併症の存在や肝機能障害などの副作用が懸念される場合には250 mg/日も選択肢となり得ると考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻13号 2014年12月号トップへ

【原著】

▶Efficacy of Flutamide-Combined Androgen Blockade Therapy in Advanced Prostate Cancer Patients: A PhaseⅢ Randomized, Comparative Trial…金 武  洋ほか

このページの先頭へ