現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


3重複大腸癌術後異時性肝転移および腹膜播種再発に対し集学的治療を施行し長期生存中の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11498_13
著者:
加藤 高晴、野田 弘志、渡部 文昭、柿澤 奈緒、遠山 信幸、力山 敏樹
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
2.34MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Systemic Chemotherapy and Surgery for Recurrent Metachronous Liver Metastases with Peritoneal Dissemination from Triple Colon Cancers―A Case Report

Summary
 Although the first-line treatment for liver metastases arising from colorectal cancer is surgery, it is unknown whether this treatment is equally effective for liver metastases with peritoneal dissemination. We report a case of long-term survival after oxaliplatin-based chemotherapy and surgery for metachronous liver metastases with peritoneal dissemination from triple colon cancer. A 76-year-old man with a history of stage Ⅲ descending colon cancer developed recurrent localized peritoneal dissemination and multiple liver metastases 30 months after surgery. He underwent partial liver resection, partial peritoneal resection, and 8 courses of capecitabine plus oxalitlatin(XELOX). There has been no disease recurrence 75 months after the initial surgery. While though there is no consensus for treatment of liver metastasis with peritoneal dissemination, surgery combined with systemic chemotherapy may be beneficial.

要旨
 3重複大腸癌術後の異時性肝転移および腹膜播種再発に対して,外科的切除と化学療法を行うことにより長期予後を得ている1症例を経験したので報告する。症例は76歳,男性。下行結腸の3重複癌に対して結腸左半切除術を施行した。術後30か月後に認められた多発肝転移と限局性の腹膜播種再発に対し切除術を施行。その後,化学療法XELOXを8コース行った。現在,最終手術から45か月間,無再発生存中である。腹膜播種を伴った肝転移再発であっても,症例を選択し化学療法を組み合わせることにより積極的な切除を行い,長期生存が得られる可能性を示した。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻13号 2014年12月号トップへ

【症例】

▶3重複大腸癌術後異時性肝転移および腹膜播種再発に対し集学的治療を施行し長期生存中の1例…加藤 高晴ほか

このページの先頭へ