現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


盲腸癌穿孔,腹膜炎術後9か月目に発症した異時性卵巣転移の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11499_13
著者:
町田 智彦
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.39MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case in Which Metachronous Ovarian Metastasis Developed 9 Months after Surgery for Cecal Carcinoma Perforation and Peritonitis

Summary
 The patient was a 78-year-old woman who underwent surgery for cecal carcinoma perforation and peritonitis(ileocecal resection and ileostomy)in January 2012. Liver metastasis was observed on the postoperative computed tomography(CT)scan and chemotherapy was performed. However, in October, a CT scan revealed a tumor, 9 cm in diameter, in the right ovary. Based on the results of a positron emission tomography(PET)-CT scan, this was suspected to be primary or metastatic ovarian cancer, and bilateral salpingo-oophorectomy was performed the following January. Histopathology and immunostaining indicated that this was a cytokeratin(CK) 20-positive and CK7-negative adenocarcinoma, and the patient was diagnosed with metastatic cecal carcinoma.

要旨
 症例は78歳,女性。2012年1月に盲腸癌穿孔,腹膜炎にて手術(回盲部切除術,人工肛門造設術)施行。術後CTにて肝転移を認め,化学療法を行ったが10月のCTにて右卵巣に径9 cm大の腫瘤を認め,PET-CTでも原発性または転移性卵巣癌が疑われ,2013年1月に手術(両側付属器摘出術)施行。病理組織学所見では腺癌を認め,免疫染色ではcytokeratin(CK)7(-),CK20(+)であり,盲腸癌の転移と診断された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻13号 2014年12月号トップへ

【症例】

▶盲腸癌穿孔,腹膜炎術後9か月目に発症した異時性卵巣転移の1例…町田 智彦

このページの先頭へ