現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


高度石灰化PAD病変に対するPIERCE techniqueの有用性

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
11554_13
著者:
市橋成夫、佐藤友保、吉川公彦
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
2ペ-ジ
ファイル容量:
3.73MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

高度石灰化病変は下肢閉塞性動脈硬化症(PAD)の血管内治療において、最も難度の高いものである。例え病変のガイドワイヤー突破に成功しても、石灰化プラークがバルーンの通過や拡張を妨げる事がある。本稿では石灰化プラークを直接穿刺して石灰化に亀裂をいれるPIERCE techniqueを施行することで、バルーン通過や拡張に成功した症例を紹介する。

Heavy calcified arterial lesions are most challenging to endovascular procedures. Even after successful passage of a guidewire, a calcified plaque can hinder balloon passage or dilation of the lesions. Herein, we introduce a novel technique of percutaneous direct needle puncture of calcified plaque (PIERCE) to enable subsequent balloon passage and dilation of the lesion. PIERCE was performed in three patients with superficial femoral artery (SFA) lesions and one patient with a tibial artery lesion. In all four cases, balloon passage and lesion dilatation were achieved. Minor hemorrhage from the punctured tract occurred in two patients with SFA lesions, which resolved with stent placement and post dilation.

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (10月臨時増刊号) 12巻 12号 トップへ

【特集1】PAD治療の最前線〜SFA、BK CTO病変の攻略のTips

企画 井上政則(平塚市民病院)

▶高度石灰化PAD病変に対するPIERCE techniqueの有用性

市橋成夫(奈良県立医科大学/RWTH Aachen University)ほか

このページの先頭へ