現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


PAD血管内治療の最新治療戦略 in Europe

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
11556_13
著者:
市橋成夫、吉川公彦
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
2.78MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

SFA領域の血管内治療ではstent内再狭窄が解決されるべき問題である。Self expanding stentの自己拡張による血管への長期にわたるストレス、周囲筋からのストレスによるstent fractureなどが原因となり、intimalhyperplasiaが生じて、再狭窄を来すとされる。近年はfracture抵抗性のstent、血管にストレスを与えず、血管の動きに従った可動性を持つvascularmimickingなstentが注目を浴びている。またstentなどの異物を留置せずに治療するdrug coated balloonも次世代治療の中心になると予想される。

Instent restenosis, deriving from intimal hyperplasia, has been an unsolved problem after endovascular treatment for the peripheral arterial disease(PAD). There are several causes of the intimal hyperplasia after stent placement:chronic outward force toward the arterial wall given by the nitinol self-expanding stent, mechanical force toward the stent given by the surrounding muscle. The persistent mechanical stress to the stent could result in the stent fracture, which could also be a cause of the instent restenosis. Therefore stents should be flexible, have vascular mimicking mobility and enough durability without excessive chronic outward force. Nothing left behind strategy using drug coated balloon(DCB)is also noteworthy in the point that unnecessary mechanical stress to the artery could be eliminated, with simplicity of retreatment after restenosis. In this article, we introduce the latest vascular stents and an overview of DCB.

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (10月臨時増刊号) 12巻 12号 トップへ

【特集2】海外New Device事情

企画 堀川雅弘(Dotter Interventional Institute/クオリティラドIVR)

▶PAD血管内治療の最新治療戦略 in Europe

市橋成夫(奈良県立医科大学/RWTH Aachen University)ほか

このページの先頭へ