現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Y-90を用いたRadioembolizationの現状について

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
11557_13
著者:
鈴木ありさ
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
2ペ-ジ
ファイル容量:
3.25MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

原発性肝腫瘍、および転移性肝腫瘍に対するRadioembolizationは2002年にFDAに認可されて以来、爆発的に全米に広がっており、現状ではRadioembolizationを提供できない施設はIO(Interventional Oncology)に弱い施設、と見られてしまうほど一般化している。米国での導入の実際を簡潔に記した。

Radioembolization for primary and metastatic hepatic tumor is significantly increasing in numbers in locations since 2002. Radioembolization provider has to certified an“Authorized User”from NRC. AU can be Radiation Oncologist, Nuclear Medicine or ACGME Interventional Radiology fellowship gradurates. Efficacy is proven to be more than conventional/DEB-TACE and complications are less than conventional treatment. The key feature of the preparation embolization is isolate proper/right/left hepatic arteries, which is identical technique to the transarterial reservoir placement.

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (10月臨時増刊号) 12巻 12号 トップへ

【特集2】海外New Device事情

企画 堀川雅弘(Dotter Interventional Institute/クオリティラドIVR)

▶Y-90を用いたRadioembolizationの現状について

鈴木ありさ(Brigham and Women’s Hospital, Harvard Medical School)

このページの先頭へ