現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


トモシンセシス一般撮影の読影のポイントとピットフォール

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
11631_13
著者:
町田治彦、 石川拓也、 館 悦子、 油原俊之、 上野惠子
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
7.33MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

 トモシンセシスの読影はCTのMPR画像を読影する要領で行えばよい。しかし、トモシンセシスはCTに比べ面内分解能は高いが、スライス方向の分解能やコントラスト分解能は低く、特有のアーチファクトも生じる。トモシンセシスの読影でピットフォールに陥るのを防ぐには、このようなトモシンセシスとCTの違いを理解することが重要である。

 Digital tomosynthesis (DT) radiography is advantageous in a variety of clinical contexts, includingchest, orthopedic, dental, head and neck, and emergency imaging. The aim of this article is to presentpoints and potential pitfalls for reading DT images, particularly in sinonasal, orthopedic, and chestimaging. As a rule, like CT multiplanar reformation (MPR) images, DT images should be read using apaging method mainly on PACS. However, DT has a superior in-plane spatial resolution, inferior throughplanespatial and contrast resolutions, and DT-specific artifacts, compared to CT. Understanding ofthese differences between DT and CT is critical for avoiding the pitfalls.

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (12月号) 12巻 14号 トップへ

【特集1】すごい! トモシンセシス2014〜いまどきのテクニックすべてお見せします〜

○整形外科、胸部領域など

▶トモシンセシス一般撮影の読影のポイントとピットフォール

町田治彦(東京女子医科大学東医療センター) ほか

このページの先頭へ