現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


高精度放射線治療装置導入クリニックの役割と課題

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
11657_13
著者:
幡野和男
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
4.97MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

2013年12月からPET-CT、3T-MRIなどを用いた画像診断およびTrue Beam STxを用いた放射線治療専門のクリニックとして開院した。当クリニックは日本でも希有なクリニックである。民間のクリニックレベルでも高精度放射線治療は十分に可能であるが、スタッフの確保および地域医療連携が最も重要であり、IMRT、SRTなどの高精度放射線治療を行うことにより患者確保も可能となる。

Our clinic, which is specialized in diagnostic imaging using PET-CT and 3T-MRI and highly precise radiation therapy with True Beam STx, opened December 1, 2013. This is a very unique facility in Japan. The highly precise radiation therapy is possible enough at the private clinic, but security of the staff and regional medical cooperation are the most important things for running a private clinic, and the patient will come to the clinic by performing highly precise radiation therapy such as IMRT or SRT.

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (12月臨時増刊号) 12巻 15号 トップへ

【DIVISION-2】先端放射線治療装置導入クリニック・放射線治療センターの動向

▶高精度放射線治療装置導入クリニックの役割と課題

幡野和男(東京ベイ先端医療・幕張クリニック)

このページの先頭へ