現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


国立がん研究センター中央病院に導入計画の加速器ホウ素中性子捕捉療法システムの概要

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
11664_13
著者:
伊丹 純、井垣 浩、阿部容久、栗原宏明、中村 勝、藤井 亮、今堀良夫
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.87MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

 国立がん研究センター中央病院では、病院設置型直線加速器BNCTシステムを導入する。陽子を2.5Mevまで加速し、個体Liの標的に照射し、産生される中性子をMgFで減速し熱外中性子を得る。18F-BPA PETはすでに稼働しており、BNCTの適応決定に有用である。

Hospital-based BNCT system by linear accelerator will be installed in National Cancer Center Hospital. Protons are accelerated to 2.5MeV and collide with solid lithium target. Resulting neutrons are decerelated in MgF to obtain therapeutic epithermal neutrons. 18F-BPA PET is important to determine the indication of BNCT and already routinely performed.

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (12月臨時増刊号) 12巻 15号 トップへ

【DIVISION-3】これからの放射線治療の展望

▶国立がん研究センター中央病院に導入計画の加速器ホウ素中性子捕捉療法システムの概要

伊丹 純(国立がん研究センター中央病院)ほか

このページの先頭へ