現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


iPS細胞技術と癌治療

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11689_13
著者:
大嶋 野歩,青井 貴之
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
2.27MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Application of iPSC Technology to Cancer Treatment

Summary
 Induced pluripotent stem cells(iPSCs)can be generated via reprogramming of somatic cells into pluripotent stem cells by introducing defined factors with appropriate culture conditions. iPSCs have 4 key properties. iPSCs have pluripotency and self-renewal ability, which are properties in common with embryonic stem cells. Additionally, iPSCs can be generated from various donor individuals with particular characteristics and also from various types of cells in a single donor. Regarding the medical applications of the technology, the best use of iPSCs should be based on a better understanding of these properties in accordance to different purposes. At present, the technology has been applied in various research fields. In cancer research, the technology has been expected to be useful, especially in immunotherapy, disease modeling, drug development. Thus, iPSC technology is a promising tool even in the field. Continuous challenges raise the hope for the development of novel cancer treatments using iPSC technologies in the future.

要旨
 人工多能性幹(induced pluripotent stem: iPS)細胞は,特定の因子を体細胞に導入し適切な環境下で培養することで得られる多能性幹細胞である。iPS細胞は分化多能性と自己複製能を有するのに加え,様々な個人の細胞から,さらには一個人のなかの様々な細胞種から樹立できるという特徴を有している。技術応用という観点からは,iPS細胞がもつこれらの特徴を十分に理解しておくことが必要であり,それを基盤とする応用法の戦略構築が重要である。現在,iPS細胞技術は様々な領域において応用されるようになり,癌研究においても免疫治療,病態解明,創薬などに向けた多岐にわたる応用がなされ,有用なツールとなっている。今後も様々な取り組みが展開していくものと思われ,iPS細胞技術を応用した新たな癌治療法の開発が期待される。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 42巻2号 2015年2月号トップへ

【総説】

▶iPS細胞技術と癌治療…大嶋 野歩ほか

このページの先頭へ