現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


最新のMRによるがん診断の進歩

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11718_13
著者:
鷺山 幸二,渡邊 祐司,西江 昭弘,亀井僚太郎,栂尾 理,樋渡 昭雄,川波 哲,本田 浩
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.28MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Recent Advances in MR Imaging for Cancer Diagnosis

Summary
 The recent development in magnetic resonance(MR)hardware and techniques allows the acquisition of functional information, such as perfusion or metabolism, in addition to conventional anatomical information in of cancers. In this review article, various molecular imaging methods based on MR are introduced and their application and usefulness for diagnosis of cancer are discussed. Diffusion weighted image(DWI)is believed to correlate cell density and reflect malignancy of tumor. DWI has been widely used for the diagnosis and evaluation of responses to cancer treatment. Arterial spin labeling(ASL)allows acquisition of perfusion data without the use of any contrast agent and is expected to be an alternative or complementary method to dynamic contrast enhanced MR imaging. Amide proton transfer(APT)imaging reflects the amount of mobile peptide and proteins in cancer tissue, and could be a useful tool for assessing tumor malignancy or evaluating treatment responses. More specific measurement of cancer metabolites is available at the cost of spatial resolution by MR spectroscopy(MRS). Finally, the positron emission tomography(PET)/MR hybrid system enables simultaneous acquisition of functional/anatomical information from MR imaging and molecular/metabolic information from PET imaging. Combining various molecular MR imaging methods with PET tracers may have a huge potential for clinical diagnosis of cancer.

要旨
 近年の核磁気共鳴画像(MR)のハードウェアおよび撮像技術の進歩は目覚ましく,従来の形態学的な情報のみならずがんの血流や代謝など様々な機能的情報の取得も可能となっている。本稿では最新のMRによる様々な分子イメージング手法を紹介し,がん診療に対する応用とこれからの展望について述べる。拡散強調像(DWI)は主に細胞密度と相関しており,腫瘍の悪性度を反映するといわれている。今日ではDWIはすでにがんの診断や治療効果判定に広く使われるようになっている。arterial spin labeling(ASL)法は造影剤を使わずに組織の血流情報を得る手法であり,造影剤を用いたダイナミックMRの代替あるいは相補的な手法として期待されている。amide proton transfer(APT)イメージングは,がん組織内部の可動性ペプチドや蛋白の量を反映しており,腫瘍の悪性度評価や治療効果の判定に役立つと期待されている。MR spectroscopy(MRS)は空間分解能が劣るが,より特異的な腫瘍内代謝産物の測定が可能となる。最後に,PET/MRハイブリッド装置はMRからの機能的・解剖学的情報とPETからの分子・代謝情報を同時に収集することが可能な装置であり,がんの画像診断に大きなインパクトを与えるものと期待されている。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 42巻3号 2015年3月号トップへ

【総説】

▶最新のMRによるがん診断の進歩…鷺山 幸二ほか

このページの先頭へ