現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


精巣腫瘍患者の妊孕性

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11720_13
著者:
慎 武,宮田あかね,新井 学,岡田 弘
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
2.18MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Fertility in Testicular Cancer Patients

Summary
 Testicular cancer(TC)is the most common and curable cancer affecting men of reproductive age. Successful treatment approaches have resulted in longer life expectancy in TC survivors. The most frequently used treatment for TC is a combination of inguinal orchiectomy, and either radiotherapy or cisplatin-based chemotherapy. In many TC patients, sperm quality is already abnormal and there may even be a lack of viable spermatozoa at the time of diagnosis. Therefore, the effect of cancer treatment on fertility is a potentially significant issue. Fertility preservation in these men has become essential and needs to be discussed prior to the start of cancer treatment. The only currently established fertility preservation method is the cryopreservation of sperm before therapy. For most patients seeking cryopreservation, the semen sample is collected via masturbation. If the patient is unable to ejaculate for any reason, other techniques such as vibratory stimulation and electroejaculation can be performed. In azoospermic or severely oligozoospermic patients, testicular sperm extraction at the time of the inguinal orchiectomy is a useful technique for obtaining spermatozoa before cytotoxic therapy. We herein present an overview of the current topics on fertility in TC patients, including the effects of surgery, chemotherapy, and radiation therapy. We also describe the strategy for fertility preservation in these patients.

要旨
 精巣腫瘍に対する治療の進歩は目覚ましく,多くの症例で治癒が見込まれる。若年者,生殖年齢に多い癌であるため,治癒後のQOLとしての妊孕性温存を念頭に置いた治療戦略が望まれる。精巣腫瘍の治療では手術,放射線療法,化学療法のすべてにおいて男性不妊となるリスクが存在する。妊孕性温存のための確立された唯一の手段は治療前の精子凍結保存である。人工授精のみならず体外受精,顕微授精が可能となった現代において,生存精子の存在は挙児の獲得につながる可能性が高い。精巣腫瘍では診断時からすでに精液所見が悪いことも多々あり,高位精巣摘除術の前に精液検査を施行することが望ましい。そして術前の精液検査にて無精子症や高度乏精子症では,高位精巣摘除術と同時に精巣精子採取術を施行することも考慮する必要がある。精巣腫瘍に限ったことではないが,思春期前の若年男児悪性腫瘍に対する治療において,将来の挙児に向けた妊孕性温存手段を確立することが今後の大きな課題の一つである。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 42巻3号 2015年3月号トップへ

【特集】がんサバイバーの妊孕性

▶精巣腫瘍患者の妊孕性…慎   武ほか

このページの先頭へ