現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


乳がん患者の妊孕性とサバイバーシップ

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11721_13
著者:
田村 宜子,清水千佳子
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.55MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Moving Forward to Overcome Infertility after Breast Cancer Treatment

Summary
 An increase in the number of young women with breast cancer together with improved outcomes after breast cancer treatments have lead healthcare providers and society in general to become more aware of fertility preservation. The potential for infertility caused by cancer treatment is one of the most important quality-of-life issues for young women with cancer, and guidelines and decision-aids to support those who wish to have children after cancer treatment have been developed. To move forward, a prospective database needs to be developed in order to overcome safety concerns, and to allow network building among breast oncologists and reproductive specialists. A multidisciplinary team is also urgently needed to address psychosocial and ethical issues.

要旨
 乳がん患者のなかで40歳未満の若年女性の割合は10%に満たないが,40歳未満の女性で罹患する悪性疾患のなかで最も多いのが乳がんである。乳がん診療の進歩に伴い,乳がん罹患後の予後が改善してきていることから,このような若年乳がん患者にはがん罹患後に妊娠・出産を希望する患者も少なくない。このような患者のニーズにこたえるために国内外で乳がん患者の妊娠・出産と生殖医療について様々な取り組みがなされているが,がん治療医と生殖医療専門医の円滑な連携や乳がん患者に対する生殖医療の安全性の検証を目的としたデータベース作りなどの他,現場で起こり得る生命倫理的問題に対応できる人材育成やシステムの創出など,検討すべき課題は多い。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 42巻3号 2015年3月号トップへ

【特集】がんサバイバーの妊孕性

▶乳がん患者の妊孕性とサバイバーシップ…田村 宜子ほか

このページの先頭へ