現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


子宮頸癌・体癌・卵巣がん患者の妊孕性

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11722_13
著者:
角田 肇
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
7ペ-ジ
ファイル容量:
2.30MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Fertility-Sparing Treatment for Gynecologic Cancer

Summary
 Japanese women bear children at a later age. Thus, fertility-sparing treatment for gynecologic cancer is very important. Per the Japanese treatment guidelines for cervical cancer, the uterus can be preserved by performing cervical conization alone in patients with stageⅠA 1 disease. Radical trachelectomy(RT)is not yet recommended for patients with stageⅠA 2 or ⅠB 1 disease in Japan. Further, RT will not be popular in Japan because cervical cancer can be prevented with HPV vaccine.
 The efficacy of fertility-sparing treatment with a high-dose of medroxyprogesterone acetate for grade 1 endometrial cancer was proven in a Japan clinical oncology group(JCOG)phaseⅡ study.
 Japanese multi-institutional retrospective investigation data confirm that fertility-sparing surgery is safe for patients with stageⅠA disease with non-clear cell histology grade 1 or 2. These data suggest that patients with stageⅠA disease with clear cell histology and those with stageⅠC disease with non-clear cell histology grade 1 or 2 can be candidates for fertility-sparing surgery followed by adjuvant chemotherapy.

要旨
 日本女性の晩産化により,婦人科がん患者の妊孕性温存治療の重要性が増している。子宮頸癌ⅠA 1期は円錐切除術のみで妊孕性温存が可能だが,欧米でⅠA 2期,ⅠB 1期に行われている広汎子宮頸部摘出術は日本の子宮頸癌治療ガイドラインでは推奨されていない。今後も子宮頸癌はHPVワクチンにより予防可能な疾患なので,この術式が普及することはないであろう。内膜に限局した高分化型子宮体癌に対しては,わが国の第Ⅱ相試験の結果から高用量medroxyprogesterone acetate投与により妊孕性温存治療が可能である。卵巣がんに関しては,明細胞腺癌以外の高分化,中分化腺癌ⅠA期に対しては妊孕性温存手術が安全に行えるが,わが国の多施設共同研究の結果から,明細胞腺癌ⅠA期と明細胞腺癌以外の高分化,中分化腺癌ⅠC期に対しても化学療法を追加することにより妊孕性温存治療が可能かもしれない。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 42巻3号 2015年3月号トップへ

【特集】がんサバイバーの妊孕性

▶子宮頸癌・体癌・卵巣がん患者の妊孕性…角 田  肇

このページの先頭へ