現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


大腸癌術後補助化学療法におけるCapeOX療法の検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11730_13
著者:
石井 要,金本 斐子,宮永 章平,能登 正浩,竹田 利弥,谷 卓,八木 雅夫
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.94MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

The Present Status of CapeOX as Adjuvant Chemotherapy for Colorectal Cancer

Summary
 We report on treatment with capecitabine plus oxaliplatin(CapeOX)as adjuvant therapy for patients with colorectal cancer. Twenty patients were treated. The mean age was 69 years; 15 patients were male and 5 were female. Thirteen patients with colon cancer and 7 patients with rectal cancer were enrolled after curative surgery. In total, 55% of patients completed the planned number of treatment cycles. Dose modifications were required for oxaliplatin in 60% of patients and for capecitabine in 67% of patients. The median relative dose intensities of oxaliplatin and capecitabine were 86% and 88%, respectively. Treatment-related Grade 3/4 neutropenia and Grade 3/4 thrombocytopenia were documented in 2 and 3 patients, respectively. Grade 3/4 hand-foot syndrome occurred in 1 patient. Treatment with CapeOX as adjuvant therapy for patients with colorectal cancer seems to be safe.

要旨 大腸癌術後補助療法としてのCapeOX療法の現状と副作用について,後ろ向きに検討を行ったので報告する。対象は大腸癌術後症例20例とした。平均年齢は69歳,男性15名,女性5名。Rs直腸癌を含む結腸癌13名,直腸癌7名であった。CapeOX療法はcapecitabine 2,000 mg/m2/dayを14日間内服,1日目にoxaliplatin 130 mg/m2を点滴静注,その後7日間の休薬の21日を1サイクルとし,原則8サイクルを実施予定とした。完遂率は55%,relative dose intensityの中央値はoxaliplatin 86%,capecitabine 88%であった。副作用はGrade 3の好中球減少を2例,Grade 3の血小板減少を3例に認めたが,発熱性好中球減少症は認めなかった。手足症候群および末【梢】神経障害は全Gradeで15例ずつ認めたが,Grade 3以上の症例は手足症候群の1例のみであった。大腸癌術後補助治療としてのCapeOX療法は安全に施行可能であった。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 42巻3号 2015年3月号トップへ

【原著】

▶大腸癌術後補助化学療法におけるCapeOX療法の検討…石 井  要ほか

このページの先頭へ