現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


終末期がん患者に在宅療養移行を勧める時の望ましいコミュニケーション―多施設遺族研究―

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11732_13
著者:
山岸 暁美 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
7ペ-ジ
ファイル容量:
2.05MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Talking about Home Hospices with Terminally Ill Cancer Patients―A Multicenter Survey of Bereaved Families

Summary
 Introduction: Communicating with patients is clearly an integral part of physicians' practice, and introducing home hospice care is sometimes a difficult task for oncologists. The primary aims of this study were to clarify family-reported degree of emotional distress and the necessity for improvement in communication when introducing home hospice care, and to identify factors contributing to distress levels. Methods: A multicenter questionnaire survey was conducted involving 1,052 family members of cancer patients who died at home at 15 home-based hospice services throughout Japan. Results: A total of 616 responses were analyzed(effective response rate of 60%). Fifty-nine percent of the bereaved family members reported that they were distressed or very distressed in receiving information about home hospice care, and 30% reported considerable or much improvement was necessary. There were 6 determinants of family-reported degree of emotional distress and the necessity for improvement: 1) Family distress was experienced when the physician stated that the disease progression defeated medicine and nothing could be done for the patient.  2) The physicians' explanation did not match with the state of family preparation.  3) There was no intimacy between hospital physician and home physician.  4) Physicians did not make the atmosphere relaxing enough to allow families to ask questions.  5) Nurses did not follow up to generate additional ideas to supplement the physician's statement.  6) Family members experienced pressure to make a rash decision. Conclusion:In receiving information about transition of home care, a considerable number of families experienced high levels of emotional distress and felt a need for improvement in the communication style. This study proposes 6 strategies to alleviate family distress.

要旨
 目的: 終末期がん患者の在宅療養移行時における医師とのコミュニケーションについて,家族からみた改善の必要性とつらさを明らかにし,関与する要因を明らかにすることを目的とする。方法: 15の診療所で在宅緩和ケアを受けて死亡したがん患者の遺族1,052名を対象とした郵送調査を施行した。在宅療養移行時における医師とのコミュニケーションについて,改善の必要性と家族のつらさについて質問した。関連する要因として,医師の説明の仕方7項目,医師の説明の内容12項目について回答を求めた。結果: 主要評価項目である改善の必要性とつらさの両方に欠損がない616名(60%)を解析対象とした。家族の30%(186名)が改善の必要が「かなりある」,「非常にある」と回答した。家族の59%(360名)が「つらい」,「とてもつらい」と回答した。在宅療養移行時のコミュニケーションに関する改善の必要性,つらさの決定要因は,① 在宅療養への移行を「治療の失敗・医学の敗北である」,「もう何もすることはない」という医師の言動,② 患者や家族の心の準備を考慮しない説明,③ 病院医師と在宅医療を担う医師との緊密性がみえないこと,④ 医師の説明の途中で患者や家族が質問できないこと,⑤ 説明後の看護師によるわかりやすい補足がないこと,⑥ 在宅療養に関して早急な決断を迫ることであった。結論: 在宅療養移行時のコミュニケーションにおいて,終末期がん患者の家族の30%が改善の必要性を約60%がつらさを感じていた。在宅療養移行時のコミュニケーションの望ましいスタイルとして明らかになった医師・看護師の態度に基づいた介入研究により,効果の検証が求められる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 42巻3号 2015年3月号トップへ

【原著】

▶終末期がん患者に在宅療養移行を勧める時の望ましいコミュニケーション―多施設遺族研究―…山岸 暁美ほか

このページの先頭へ