現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


日本国内の臨床試験に基づく抗がん剤の催吐性リスク分類

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11733_13
著者:
渡部 智貴,半田 智子,加藤 裕久
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
7ペ-ジ
ファイル容量:
1.99MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Emetogenic Potential of Antineoplastic Agents Based on Clinical Trials in Japan

Summary
 Chemotherapy-induced nausea and vomiting(CINV)is one of the most common and distressing side effects of chemotherapy that decreases patients' quality of life and motivation for treatment. Therefore, prevention and treatment of CINV are essential for motivating patients to continue chemotherapy. International societies such as American Society of Clinical Oncology(ASCO), Multinational Association of Supportive Care in Cancer(MASCC)/European Society for Medical Oncology(ESMO), and National Comprehensive Cancer Network(NCCN)have published guidelines for using antiemetics, and these guidelines were published in Japan in May 2010. However, both the Japananese and international guidelines do not provide sufficient clinical trial-based evidence for antiemetic use in the Japanese population. In this study, we attempted to evaluate and clarify the frequency of CINV in clinical trials in Japan. We found that thet guidelines specify different emetogenic potentials of some antineoplastic agents such as gemcitabine. Therefore, we believe that it is necessary to reevaluate the emetogenic risk of such antineoplastic agents and to develop a practical and standard antiemetic therapy so that in the future, patients do not hesitate to undergo chemotherapy because of side effects.

要旨
 がん化学療法による悪心・嘔吐の予防は,患者のQOLを低下させることなく治療を継続するために重要である。ASCOやMASCC/ESMO,NCCNなどが示す制吐療法の国際的なガイドラインの発行を受けて,日本においてもガイドラインが制定されたが,国内外のガイドラインを含め,日本国内の臨床試験に基づくエビデンスが不足している現状がある。そこで本研究では,日本国内で実施された臨床試験における抗がん剤による悪心・嘔吐の発現頻度を明確にするとともに,その評価を試みた。その結果,ゲムシタビンなどのいくつかの抗がん剤においてガイドラインとの相違が認められた。これらの抗がん剤の催吐性を再評価するとともに,今後はレジメンの種類や併用療法の有無,リスク因子などを考慮した制吐薬の選択基準の作成など,エビデンスの収集,制吐療法の適正化を行う必要があると考える。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 42巻3号 2015年3月号トップへ

【薬事】

▶日本国内の臨床試験に基づく抗がん剤の催吐性リスク分類…渡部 智貴ほか

このページの先頭へ