現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


3週間毎のPaclitaxel+Bevacizumab併用療法で長期間奏効を保てているStageⅣ乳癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11734_13
著者:
岡本 明子,中務 克彦,藤田 佳史,杉本 里保,阪口 晃一,田口 哲也
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.52MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of StageⅣ Breast Cancer with Long-Term Partial Response Treated with Tri-Weekly Paclitaxel plus Bevacizumab

Summary
 Paclitaxel combined with bevacizumab yields significantly better progression-free survival(PFS)in patients with metastatic breast cancer than paclitaxel alone. Here, we report a case of stageⅣ breast cancer with multiple liver, lung, and bone metastases maintaining a long-term partial response(PR)with tri-weekly paclitaxel plus bevacizumab administration. A 46-year-old woman treated with endocrine therapy for 21 months for multiple metastases in her lungs and bones detected 4 years after surgery for left breast cancer was referred to our hospital. New metastases were discovered in her liver. She received paclitaxel(90 mg/m2)on days 1, 8, and 15 combined with bevacizumab(10 mg/kg)on days 1 and 15 every 4 weeks. However, during the first 3 courses, the administration of paclitaxel on day 8 was postponed to 1 to 2 weeks because of severe neutropenia. We began tri-weekly administration of paclitaxel plus bevacizumab. She continued receiving the treatment for about 1 year, without severe side effects. The PR state with good performance status was maintained. We suggest that the tri-weekly administration of paclitaxel plus bevacizumab is an effective way to maintain long-term efficacy.

要旨
 paclitaxelとbevacizumabの併用療法(paclitaxel+bevacizumab併用療法)を3週間毎投与に変更することで長期間のpartial response(PR)を維持できているStageⅣ乳癌の症例を経験したので報告する。症例は46歳,閉経前女性。左乳癌の術後4年目に肺転移,骨転移を来し内分泌療法が行われていたが,1年9か月後,肝転移が出現した。これに対し,paclitaxelを90 mg/m2(day 1,8,15),bevacizumabを10 mg/kg(day 1,15)で投与した後1週間休薬とし,4週間毎のコースで投与開始した。3コース目まで毎回grade 3の好中球減少の副作用が続いたため,3週間毎にpaclitaxelとbevacizumabを投与することとした。以後重篤な副作用なく1年近く治療継続できており,全身状態良好でPRを継続している。paclitaxel+bevacizumab併用療法において投与間隔を工夫することで長期間の投与継続が可能であり,奏効を保てることが示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 42巻3号 2015年3月号トップへ

【症例】

▶3週間毎のPaclitaxel+Bevacizumab併用療法で長期間奏効を保てているStageⅣ乳癌の1例…岡本 明子ほか

このページの先頭へ