現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Bevacizumab+Paclitaxel併用療法が奏効し1年以上オピオイドの減量が得られたStage Ⅳ乳癌の1症例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11735_13
著者:
石山 智敏,神宮 彰,松本 秀一,菊地 二郎,鈴木 知信
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
2.35MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Stage Ⅳ Breast Cancer with Improved Cancer Pain Using Bevacizumab and Paclitaxel

Summary
 A 65-year-old woman with a right breast tumor and right arm pain was seen in our hospital. She was diagnosed with scirrhous carcinoma(Stage Ⅳ, hormone receptor-positive, and HER2-negative)with pleural effusion and metastasis to the lung, liver, bone, and multiple lymph nodes. Systemic chemotherapy with biweekly bevacizumab and weekly paclitaxel was administered, and an opioid(oxycodone 40 mg/day)was administered for pain control. At the end of the first course, the patient's pain was improved, and the opioid dose was reduced(oxycodone 20 mg/day). The patient had a partial response(PR)over 24 treatment courses(1 year 10 months), and good pain control was obtained. Bevacizumab and paclitaxel therapy successfully brought about a rapid and good response and improved the patient's quality of life as palliative chemotherapy.

要旨 症例は65歳,女性。右乳房腫瘤,右上肢疼痛を主訴に当科を受診した。リンパ節・肺・肝・骨転移,癌性胸膜炎を伴うStage Ⅳ乳癌[硬癌: ER(+),PgR(+),HER2(-)]と診断された。bevacizumab+paclitaxel併用療法で化学療法を開始するとともに,オピオイドを用いて疼痛緩和を行った(オキシコドン40 mg/日)。1コース終盤には疼痛が軽減し,オピオイドを減量できた(オキシコドン20 mg/日)。24コース(約1年10か月)までPRを継続し,良好な疼痛緩和が得られた。bevacizumab+paclitaxel併用療法は早期の良好な反応を得られるとともに,緩和的化学療法として患者のQOL改善にも役立つものと思われた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 42巻3号 2015年3月号トップへ

【症例】

▶Bevacizumab+Paclitaxel併用療法が奏効し1年以上オピオイドの減量が得られたStageⅣ乳癌の1症例…石山 智敏ほか

このページの先頭へ