現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


胃癌術後播種性骨髄癌症に対して組換えヒト可溶型トロンボモジュリン製剤が有効であった1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11739_13
著者:
川本 浩史,内田洋一朗,上田 修吾,柳田 宗之,寺嶋 宏明
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
2.25MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Case Report of Disseminated Carcinomatosis of the Bone Marrow Originating from Gastric Cancer with Cancer-Related Disseminated Intravascular Coagulation Successfully Treated with Recombinant Human Soluble Thrombomodulin

Summary
 A 62-year-old man, who underwent distal gastrectomy due to gastric cancer, was diagnosed with disseminated carcinomatosis of the bone marrow 8 years later. Chemotherapy was administered following treatment with recombinant human soluble thrombomodulin(rTM), and as a result, he successfully recovered from his disseminated intravascular coagulation(DIC)status and experienced improvement of his severe cancer-related pain. The use of rTM may enable the safe continuation of chemotherapy, and rTM may also be a useful treatment for DIC associated with solid cancer, such as gastric cancer.

要旨
 症例は62歳,男性。胃癌術後8年目に播種性骨髄癌症を発症した。組換えヒト可溶型トロンボモジュリン(rTM)製剤の使用に引き続き化学療法を併用することで,悪性腫瘍に伴う播種性血管内凝固(DIC)からの離脱と,頑強な癌性疼痛の改善が得られた。rTM製剤は,特に固形癌に伴うDICに対する新しい治療法となる可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 42巻3号 2015年3月号トップへ

【症例】

▶胃癌術後播種性骨髄癌症に対して組換えヒト可溶型トロンボモジュリン製剤が有効であった1例…川本 浩史ほか

このページの先頭へ