現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


TS-1内服により4年間無増悪で経過観察し得た十二指腸乳頭部癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11740_13
著者:
盛 直生,櫻井 直樹,飯澤 肇
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.70MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Ampullary Carcinoma Progression-Free for Four Years after Treatment with TS-1

Summary
 A 63-year old man was referred to our hospital because of fever, appetite loss, and increased biliary enzyme levels. Upper gastrointestinal endoscopy revealed a tumor in the duodenal papilla, diagnosed as an adenocarcinoma via biopsy, and computed tomography(CT)revealed multiple tumors in the liver. Chemotherapy with TS-1 was initiated based on a diagnosis of ampullary cancer with multiple liver metastases. After TS-1 treatment, the multiple tumors were no longer detectable, and the primary tumor did not increase in size for 4 years. At this time, however, the patient experienced fever, jaundice, and appetite loss. The hepatic mass was not detected via CT or MRI. The primary tumor was determined to be resectable; therefore, we performed subtotal stomach preserving pancreatoduodenectomy. The patient was discharged 55 days after surgery and is alive without recurrence 2 years after surgery.

要旨
 症例は63歳,男性。発熱,食欲不振,胆道系酵素の上昇があり,2008年7月に近医より当院へ紹介となった。上部消化管内視鏡検査およびCT検査にて多発肝転移を伴う十二指腸乳頭部癌と診断し,TS-1内服による化学療法を開始した。TS-1内服中に多発肝腫瘤は不明瞭化したため,そのまま内服を継続し,約4年が経過した。2012年6月になり発熱,黄疸,食欲不振が出現し,精査の結果原発巣の増大を認めず,多発肝腫瘤は不明瞭化したままであったため切除可能と判断し,8月に亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を施行した。病理組織検査結果はT1N0M0,StageⅠ,原発巣はほぼviableな細胞であった。術後約2年が経過するが,再発徴候なく経過している。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 42巻3号 2015年3月号トップへ

【症例】

▶TS-1内服により4年間無増悪で経過観察し得た十二指腸乳頭部癌の1例…盛  直 生ほか

このページの先頭へ