現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


腸型肺腺癌が原発と診断し得た癌性リンパ管症で化学療法が奏効し長期生存を得た1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11741_13
著者:
石田 裕嵩 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.23MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Rare Case of Lymphangitis Carcinomatosa of the Lung Due to Primary Pulmonary Adenocarcinoma with Intestinal Differentiation Successfully Treated with Chemotherapy

Summary
 We report a rare case of lymphangitis carcinomatosa in a 66-year-old man with a relatively long survival of 18 months following chemotherapy. The patient initially presented with dyspnea and lower abdominal pain. Subsequent colonoscopy detected adenocarcinoma of the descending colon, and computed tomography(CT)demonstrated indications of lymphangitis carcinomatosa of the lung. Therefore, the patient was diagnosed with pulmonary metastasis due to colon cancer and administered chemotherapy. The performance status(PS)of patients with lymphangitis carcinomatosa is usually dismal. This patient's PS was also poor, but dyspnea markedly improved following chemotherapy, and a subsequent CT revealed disappearance of radiological findings of lymphangitis carcinomatosa. However, subsequent immunocytochemistry analysis using the cell transfer method in bronchoalveolar lavage fluid specimens revealed diffuse positivity for cytokeratin(CK)7, while the colon carcinoma was negative for CK7. The difference in CK7 immunoreactivity between the bronchoalveolar lavage fluid and biopsy specimen of the colon indicated that the lymphangitis carcinomatosa in this patient could be reasonably postulated to be caused by a synchronous primary pulmonary adenocarcinoma with intestinal differentiation. However, an autopsy could not be performed to test this hypothesis.

要旨
 症例は66歳,男性。呼吸苦と下腹部痛を主訴に来院した。下行結腸癌・癌性リンパ管症の診断となり,化学療法を施行したところ18か月の長期生存を得ることができた。癌性リンパ管症は予後不良な疾患であり全身状態も不良のことが多いが,症状緩和目的に化学療法を施行したところ奏効し,長期生存を得たので文献的考察を含め報告する。また,臨床的に大腸癌の肺転移と考え上記化学療法を行ったが,死後の検討で気管支洗浄液細胞診の検体を転写法にて免疫染色したところ,cytokeratin(CK)7で陽性を示した。大腸組織生検でCK7陰性を示し結果が乖離したことから,本症例の癌性リンパ管症は同時に重複した腸型肺腺癌に起因する可能性があげられ,診断学的にも興味深いと考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 42巻3号 2015年3月号トップへ

【症例】

▶腸型肺腺癌が原発と診断し得た癌性リンパ管症で化学療法が奏効し長期生存を得た1例…石田 裕嵩ほか

このページの先頭へ