現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


肝転移を有する胃原発絨毛癌に対し肝動注化学療法,Irinotecan+Cisplatin療法にて長期生存が得られた1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11777_13
著者:
栁橋 浩男,高山 亘,米山 泰生,角田 慎輔,黄 哲守,菅谷 睦
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.37MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Long-Term Survival and Effective Treatment of Synchronous Liver Metastases in a Case of Primary Gastric Choriocarcinoma, by using Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy, Irinotecan, and Cisplatin

Summary
 A 62-year-old man was admitted to our hospital because of appetite loss. Computed tomography(CT)revealed thickness of the gastric wall, multiple liver tumors, and lung nodes. Upper gastrointestinal endoscopy revealed an easy bleeding type 2 tumor at the gastric antrum. We performed distal gastrectomy to control bleeding from the gastric tumor. Histological findings from the gastric lesion indicated primary gastric choriocarcinoma(PCG). Combination chemotherapy using hepatic arterial infusion chemotherapy for synchronous liver metastases and S-1 was administered for 5 months after the operation. CT revealed that the liver metastases decreased remarkably. On the other hand, lung metastases increased. Irinotecan and cisplatin were administered. Liver metastases did not increase, as observed using imaging studies. The patient died 17 months after the operation for cachexia. PCG is a highly aggressive tumor that is often associated with liver metastasis. It is important to control liver metastasis from PCG.

要旨
 患者は62歳,男性。食欲不振精査のCTで胃前庭部壁肥厚,多発肝腫瘤,肺結節を認め,内視鏡検査で胃前庭部に易出血性2型腫瘍を認めた。胃病変の出血制御目的にて幽門側胃切除を施行した。病理組織学的検査で胃原発絨毛癌と診断された。肝転移が予後規定因子と判断し肝動注化学療法にS-1を併用した。術後5か月,肝転移は著明なPRを認めたが,肺転移はPDであった。irinotecan+cisplatinに変更後も肝転移は制御されたが,悪液質のため術後1年5か月,永眠された。胃原発絨毛癌は非常にまれな疾患で,早期に肝転移を来し予後は極めて不良である。早急な肝転移制御が予後の延長につながると考えられ,肝動注化学療法を全身化学療法に併施することで長期生存が得られると考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 42巻4号 2015年4月号トップへ

【症例】

▶横行結腸癌に多発性筋炎を合併し手術および抗癌剤治療により筋炎の改善を認めた1例…内田雄一郎ほか

このページの先頭へ