現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


経口摂取不能の癌患者における疼痛に対しフェンタニルクエン酸塩口腔粘膜吸収製剤にて痛みのコントロールを行った1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
11780_13
著者:
藤村 美憲,中原 修,大島 茂樹,馬場 秀夫
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
2.26MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Efficacy of a Fentanyl Citrate Buccal Tablet for Esophageal Cancer Pain Management in a Patient Unable to Take Oral Medication

Summary
 We report a case of a 60-year old male esophageal cancer patient who was unable to take oral medication, but was successfully treated using a fentanyl citrate buccal tablet. The patient survived a suicide attempt as a youth in which he ingested poison, but was left with a stricture of the esophagus. It became difficult for him to take nutrition orally, and he underwent an esophageal bypass operation, although he still required frequent endoscopic esophageal dilation. He subsequently presented with an anastomotic stenosis due to anastomotic leakage, and oral intake became completely impossible. The onset of esophageal cancer presented as corrosive esophagitis. We used oxycodone hydrochloride to treat a sharp pain resulting from cataplectic cancer in the jejunal tube, but this provided only limited pain relief. We therefore used a fentanyl citrate oral mucosa absorption preparation with a rescue agent, which did provide effective pain relief. Thus a fentanyl citrate buccal tablet could effectively relief pain in cancer patients who are unable to receive oral medication.

要旨
 患者は60歳,男性。若年時に服毒による自殺を図り,食道狭窄を生じた。頻回の食道ブジーを試みるも,食餌の通過困難となり食道バイパス術を施行。しかし,術後縫合不全による吻合部狭窄を来し,経口不能となった。同時に,腐食性食道炎の部位に食道癌の発症を認めた。食道癌の突出痛に対しては,オキシコドン塩酸塩によるレスキューが必要であった。フェンタニルクエン酸塩口腔粘膜吸収製剤に変更後,突出痛の消失が得られた。経口摂取困難な癌患者の疼痛コントロールにフェンタニルクエン酸塩口腔粘膜吸収製剤は有効と思われた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 42巻4号 2015年4月号トップへ

【症例】

▶経口摂取不能の癌患者における疼痛に対しフェンタニルクエン酸塩口腔粘膜吸収製剤にて痛みのコントロールを行った1例…藤村 美憲ほか

このページの先頭へ