現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


救急の現場における遠隔読影の活用とその有効性~木沢記念病院の夜間救急画像グローバルコンサルティングサービス~

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
11838_13
著者:
加納裕士,山田実貴人
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
8.46MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

 社会医療法人厚生会木沢記念病院は岐阜県内で5番目に救急搬送が多い病院だ。同病院では、深夜帯に救急画像をハワイで日本人の放射線科医が読影してレポートを作成する「夜間救急画像グローバルコンサルティングサービス」を2014年から開始している。コンサルティングは、当直医の負担軽減や的確な読影レポートで安定した医療サービスの提供に貢献し、医療現場に成果をもたらしているという。そこで今回、加納裕士氏(セントメディカル・アソシエイツLLC代表)が、時差を使った新しい読影の試みについて同病院の山田実貴人氏(救急部門長)に話を伺った。山田氏は2001年に携帯電話を利用した画像転送を日本で初めて行った、いわば遠隔読影の先駆者だ。

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (3月号) 13巻 3号 トップへ

【特集1】遠隔画像診断Update2015

●Interview

▶救急の現場における遠隔読影の活用とその有効性~木沢記念病院の夜間救急画像グローバルコンサルティングサービス~

山田実貴人(木沢記念病院)

このページの先頭へ