現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


最新MRIのトレンド ~肝臓MRIを中心に~

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
11920_13
著者:
高橋順士、斎藤 聡
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
2.92MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

 肝細胞癌のスクリーニングやフォローアップ検査としてMR検査は重要な検査法の1つである。MR装置では、ハードウエアの改良、造影剤の開発やパルスシークエンスの進歩が目覚しく、様々な部位に応用され、検査方法も多岐にわたるようになった。本稿では、当院でのMR導入から現在までを振り返り、肝臓MRI検査について今後の動向について解説する。

 MR imaging is well recognized as one of the most sensitive methods for detecting hepatocellular carcinoma (HCC). On contrast enhanced MRI of the liver, extracellular, superparamagnetic iron oxide and hepatocyte-specific gadolinium agents are currently available. Gd-EOB-DTPA is one of the useful hepatocyte-specific gadolinium agents, because of T1-weighted dynamic study and hepatocyte specific information. Diffusion- weighted images and T2-weighted images are helpful to detecting lesions and differentiating benign or malignant. Many forms of liver fibrosis and cirrhosis especially secondary to viral hepatitis increase the risk for the development of HCC. Thus, it is important to detect those at early stage.

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (4月号) 12巻 4号 トップへ

【特集1】Radiology Trend Lab 2014

<MRI>

▶最新MRIのトレンド ~肝臓MRIを中心に~

高橋順士(虎の門病院)ほか

このページの先頭へ