現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


深呼吸時における肝実質灌流血の変化がArrival-time Parametric Imagingで可視化できたBudd-Chiari症候群の1症例

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
11956_13
著者:
和久井紀貴 ほか
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.48MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

 Budd-Chiari症候群で通院中の40歳男性。カラードプラUSで門脈右枝の血流を観察中、深吸気息止めでその血流方向が求肝性から遠肝性に変化することに気が付いた。その後、肝実質灌流血の門脈・肝動脈バランスを確認するためarrival time parametric imaging(At-PI)を行った。結果、深吸気息止めでの肝実質灌流血は肝動脈からが主体であったが、深呼気息止めでは求肝性のままであり門脈血が主体であった。深呼吸による肝実質灌流血の変化がAt-PIで可視化できたBudd-Chiari症候群の1症例を経験した。

 A 40 year old male who had been diagnosed with Budd-Chiari syndrome periodically goes to our hospital. Color Doppler ultrasonography (US) revealed a change in the blood flow in the right portal vein branch, from hepatopetal to hepatofugal, during deep inspiration. Arrival time parametric imaging (At-PI), using Sonazoid-enhanced US, was subsequently performed to examine the deep respiration induced changes observed in the hepatic parenchymal perfusion. US images captured during deep inspiration demonstrated hepatic parenchymal perfusion predominantly in red, indicating that the major blood supply was the hepatic artery. During deep expiration, the portal venous blood flow remained hepatopetal, and hepatic parenchymal perfusion was displayed predominantly in yellow, indicating that the portal vein was the major source of the blood flow.

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (5月号) 12巻 5号 トップへ

【特集2】超音波診断の進化─形態から機能へ~第34回超音波ドプラ研究~

<一般演題>

▶深呼吸時における肝実質灌流血の変化がArrival-time Parametric Imagingで可視化できたBudd-Chiari症候群の1症例

和久井紀貴(東邦大学医療センター大森病院)ほか

このページの先頭へ