現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


消化管に対する造影超音波の試み

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
11967_13
著者:
平山みどり ほか
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.64MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

 消化管に対するソナゾイドを用いた造影超音波検査は、臨床的に非常に有用であるという報告があるものの、未だ保険適応はなく、撮影手技や評価法は見解の統一が得られていない。今回は当院での経験から、血流もふまえ詳細に観察でき、超音波診断をより確実なものとする有用な手法であることを、数例の症例とともに紹介する。

 Recently contrast-enhanced ultrasonography (CEUS) using Sonazoid for digestive tract is said that it’s very useful for clinical diagnosis. Although, it has neither been approved for hralth insurance coverage nor exists the consensus on technique and evaluation. We introduce some examples actually experienced at our hospital to explain the useful of CEUS using Sonazoid for digestive tract because we can observe the lesion part with blood flow.

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (5月号) 12巻 5号 トップへ

【特集2】超音波診断の進化─形態から機能へ~第34回超音波ドプラ研究~

<主題2>肝臓以外の臓器に対する造影超音波の活用

▶消化管に対する造影超音波の試み

平山みどり(駿河台日本大学病院)ほか

このページの先頭へ