現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


胆嚢病変に対する造影3次元超音波検査の有用性

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
11969_13
著者:
三輪治生
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.40MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

 三次元造影超音波検査(3D CEUS)は、高い空間分解能や客観性、リアルタイム性などの特徴を有しており、胆嚢病変の鑑別診断に有用である。本稿では、胆泥、非腫瘍性ポリープ、慢性胆嚢炎、胆嚢癌の鑑別について、3D CEUSで得られる特徴的な造影所見を報告する。

 Three-dimensional contrast-enhanced ultrasonography (3D CEUS) is useful for differentiating gallbladder disease due to the advantages of high spatial resolution, objectivity, and real-time scanning. We report the specific images of biliary sludge, benign gallbladder polyp, chronic cholecystitis, and gallbladder carcinoma, by using 3D CEUS. All the biliary sludge showed avascular lesion. All the benign gallbladder polyps showed pedunculated polyps with a thin vessel in a stalk. Typical finding of chronic cholecystitis was homogeneous enhancement in a thick-wall. Typical finding of gallbladder carcinoma was heterogeneous enhancement with irregular vessels in sessile polyps or thick-walls.

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (5月号) 12巻 5号 トップへ

【特集2】超音波診断の進化─形態から機能へ~第34回超音波ドプラ研究~

<主題2>肝臓以外の臓器に対する造影超音波の活用

▶胆嚢病変に対する造影3次元超音波検査の有用性

三輪治生(横浜市立大学附属市民総合医療センター)

このページの先頭へ