現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


癌性リンパ管症併発を疑うスキルス胃癌に対し化学療法にてCR後根治切除し長期生存中の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
12029_13
著者:
錦 耕平 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.22MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Patient Who Underwent Surgery after CR to Chemotherapy for Scirrhous Gastric Cancer Suspected because of Lymphangitis Carcinomatosa

Summary
 A 58-year-old woman was diagnosed with scirrhous gastric cancer suspected because of lymphangitis carcinomatosa. She was treated with 10 courses of S-1+CDDP chemotherapy. After 3 years and 6 months, CR was obtained and she underwent curative total gastrectomy with D2 lymph node dissection plus resection of the spleen and transverse colon. The pathological results of the resected specimen were tub2>por, pT1a, N1(No. 7), M0, CY0, P0, and HER2(3+). After surgical treatment, supraclavicular lymph node metastasis occurred, and the patient underwent trastuzumab+capecitabine therapy, which resulted in CR for 1 year and 6 months. Thus, for unresectable scirrhous gastric cancer, multidisciplinary therapy such as long-term chemotherapy including trastuzumab and surgery is useful.

要旨
 症例は58歳,女性。癌性リンパ管症を伴うスキルス胃癌に対し,S-1+CDDP化学療法10コース施行しCRを得た。3年6か月後に根治切除施行。切除標本の病理結果はtub2>por,pT1a,N1(No. 7),M0,CY0,P0,HER2(3+)であった。その後,鎖骨上窩リンパ節再発を来し,trastuzumab+capecitabine併用化学療法施行。1年6か月,画像上病巣は認めていない。切除不能スキルス胃癌に対しても長期にわたる化学療法,手術治療など集学的治療が有用であると考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 42巻6号 2015年6月号トップへ

【症例】

▶癌性リンパ管症併発を疑うスキルス胃癌に対し化学療法にてCR後根治切除し長期生存中の1例…錦  耕 平ほか

このページの先頭へ