現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


逐次近似再構成法のトレンドを探る

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
12039_13
著者:
山城恒雄
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.24MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

 逐次近似再構成法は、わずか数年の間にCTにおける再構成技術の主流になった。複雑かつ繰り返し(逐次)の処理過程を経て画像化されるCT像は、従来のfiltered back projection(FBP)法よりも圧倒的な低ノイズ・高画質であり、逐次近似再構成法の使用により被曝の低減を図ることができる。各社ともに様々な逐次近似再構成法を製品化しているが、この1年でも多彩な新技術が導入されており、今後の動向は注目に値する。

Current iterative reconstruction trends for computed tomography
 The progress made with iterative reconstruction (IR) methods for computed tomography (CT) has dramatically improved image quality and reduced radiation exposure during clinical CT imaging. All CT vendors have developed various types of IR methods, such as Adaptive Statistical Iterative Reconstruction (ASiR) that was released in 2009 by GE Healthcare as their first commercially available IR technique. IR methods have been modified to include more complex statistical and/or optical models,which has resulted in greater differences in CT image quality and radiation exposure, compared with conventional filtered back projection (FBP) methods.

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (6月号) 12巻 6号 トップへ

【特集1】CT道を究める

企画:森谷浩史(大原綜合病院/NPO福島画像診断支援センター)

▶逐次近似再構成法のトレンドを探る

山城恒雄(琉球大学)

このページの先頭へ