現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


受容性の高いスクリーニング検査として、情報量の多い術前検査として

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
12053_13
著者:
加治屋より子 ほか
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.81MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

 CTコロノグラフィは被ばくや早期癌検出の限界などの問題点があるが、前処置や検査時の腹満感・精神的苦痛が軽いなど受容性が高いことから大腸スクリーニングに適している。また、腫瘍と血管との関係が認識しやすいなど術前検査としても意味をもつ。これらの点に関し当院なりに気をつけている検査のポイントについて記したい。

 The use of CT colonography (CTC) involves certain disadvantages, such as high radiation exposure and a limited ability for the early detection of colon cancer. However, CTC is considered to be suitable for use as a screening tool owing to its high receptivity by patients. The receptivity is a result of the minimal discomfort from colon preparation, low abdominal distention with the use of carbon dioxide, and negligible mental stress experienced by the patients. In addition, CTC has been shown to be useful as a preoperative examination. Surgeons can gain valuable information regarding the relationship between the colon cancer and the tumor vessels. We describe our procedure for performing CTC with an emphasis on these points.

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (7月号) 12巻 7号 トップへ

【特集1】これが私のCTC流儀

■Clinical Report

▶受容性の高いスクリーニング検査として、情報量の多い術前検査として

加治屋より子(南風病院)ほか

このページの先頭へ