現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


当院の装置を生かしたCT Colonography検査について

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
12056_13
著者:
立石敏樹、船崎亮佑、三浦洋亮、吉川陽子、杉村美華子、岩渕正広
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
3.03MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

はじめに
 我が国の大腸がんの罹患数は年々増加傾向にあり、宮城県の部位別がん疾患に占める大腸がんの割合も非常に高く、特に、女性では、平成22年の部位別死亡割合で第1位1)となっている。大腸がんは、早期に発見すれば高い確率で治癒することができ、宮城県の大腸がん死亡率の減少に貢献する目的で、当院でもCT Colonography検査(以下CTC)への取り組みを開始した。
 当院は、2012年5月からCTC検査、同年11月よりCTC検診を開始し手術前検査や検診を中心に約200症例を施行した。本稿では、診療放射線技師、放射線科医、消化器内科医が、三位一体となり様々なケースに対応すべく日々努力して取り組んでいるCTC検査の一部を紹介する。

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (7月号) 12巻 7号 トップへ

【特集1】これが私のCTC流儀

■Clinical Report

▶当院の装置を生かしたCT Colonography検査について

立石敏樹(仙台医療センター)ほか

このページの先頭へ