現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


総合画像診断センターに求められるPACSの役割と今後の展望

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
12067_13
著者:
滝沢直也、齋藤順一
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.23MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

 各種モダリティの進歩に伴い、従来のPACSビューアでは迅速な診断やマルチモダリティ・マルチディメンションの診断が困難になりつつある。当院では統合型PACSビューアを導入することによってこれらの問題を解決した。本稿では統合型PACSビューアの有用性や課題、将来展望について述べる。

 By the Advances in the modality, style of diagnostic imaging has also changed. Rapid diagnosis and multi-modality diagnostic can be difficult to PACS viewer so far. The diagnostic imaging in the future, and multi-modality, image interpretation by multidimensional is required.
 In addition, we are considering a new diagnostic imaging style by Universal PACS viewer. By introducing a universal PACS viewer is solved those problems in our diagnostic imaging center. These by combining the VNA, to produce even greater effect.

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (7月号) 12巻 7号 トップへ

【特集2】今求められているPACSとは?

Part.2 PACSの有用性を探る
■CLINICAL REPORT

▶総合画像診断センターに求められるPACSの役割と今後の展望

滝沢直也(宇都宮セントラルクリニック)ほか

このページの先頭へ