現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


APCCVIR見聞記

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
12075_13
著者:
新槇 剛
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.40MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

 2014年5月15日から5月18日までAPCCVIRに参加した。
 日本からの参加者は多く、見知った顔の先生方も少なくとも数十人。学会の規模としては1,200人程度の参加者(学会2日目まで)とのこと。当初600人前後を見込んでいたとのことで、開催者は安堵しているようであった。会場はSingapore General Hospitalの一角にあるAcademiaという施設。セッションの会場としては6会場。日本の公的病院でこれだけの人数を収容できる建物を持つ施設は聞いたことがないし、また仮にあっても昨今のご時世ではスポンサーの問題などから開催も難しいかもしれない。またシンガポールは、外は非常に蒸し暑いが屋内は非常に冷房が効いており、当地を訪れる際には気をつけた方が良い(上着を1枚持って歩くのがBetter)。以下、学会参加の印象を記す(図1)。

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (7月号) 12巻 7号 トップへ

【Rad link】

▶APCCVIR見聞記

新槇 剛(静岡県立静岡がんセンター)

このページの先頭へ