現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


放射線科医とは、控え選手のいない外野手

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
12095_13
著者:
早川克巳
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
12.90MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

 京都市立病院で放射線科部長を務めていた早川氏は定年を機に、東北の被災地にある病院に赴任した。これまで放射線科医が不在だったが、早川氏が来て、放射線科では検査時の画質の向上、外科では治療の幅の広がりなど医療現場に変化がみられるようになった。また同氏は若手医師や病院スタッフ向けに毎週1回、勉強会を主催。それぞれの立場に合わせた教え方が評判だ。
 「50人に声をかけて1人来てくれるかどうか」という医師の確保が難しい被災地の病院に早川氏が赴いた理由とは?1日1論文読むことを自らに課すのはなぜか?
 さらに同氏の教育に対する取り組みなどを取材した。他科の先生方の話も交えながら紹介する。

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (6月号) 13巻 6号 トップへ

【Rad Frontier】

早川克巳氏(岩手県立釜石病院)インタビュー

▶放射線科医とは、控え選手のいない外野手

このページの先頭へ