現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


乳腺外科医とっての超音波検査

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
12161_13
著者:
多田敬一郎
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
3.69MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

 乳腺超音波は乳腺診療上基本となる検査である。主な役割として、スクリーニング検査としての役割、質的診断としての役割、確定診断のための穿刺をガイドする役割、そして乳癌外科治療を補助する役割が挙げられる。特に質的診断にあたっては、乳腺腫瘍の病理学的特徴を理解した上で、病型や組織型を推定しながら検査していく必要がある。

 Ultrasonography in the area of breast oncology has four roles.Firstly, breast ultrasonography is used for screening for breast cancer.However, the significance of ultrasonography applying for mass screening has not been determined. Secondly, breast ultrasonography provides information in the diagnosis for breast lesions. Doppler US,elastography and contrast enhanced ultrasonography have been introduced for this purpose. Thirdly, breast ultrasonography is used for obtaining cytological or pathological materials. New devices for obtaining breast tissues have been introduced one after another. Lastly,breast ultrasonography is sometimes used for surgical treatment.

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (7月臨時増刊号) 13巻 8号 トップへ

【特集1】乳癌診療&治療 最新アップデート

■Clinical Report

▶乳腺外科医にとっての超音波検査

多田敬一郎(東京大学医学部附属病院)

このページの先頭へ