現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


乳癌術前化学療法施行症例における乳房MRIの役割

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
12162_13
著者:
吉田美和、明石定子
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.90MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

 本稿では、近年の乳癌の術前化学療法(neoadjuvant chemotherapy(NAC))症例の乳房MRIに関する報告をレビューし、NAC後の外科的マネージメントにおける乳房MRIの役割について考察する。

 Here we review the potential role of breast MRI for assessing response to the neoadjuvant chemotherapy (NAC) for breast cancer, and consider the value of breast MRI in the surgical planning after NAC.

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (7月臨時増刊号) 13巻 8号 トップへ

【特集1】乳癌診療&治療 最新アップデート

■Clinical Report

▶乳癌術前化学療法施行症例における乳房MRIの役割

吉田美和(昭和大学江東豊洲病院)ほか

このページの先頭へ