現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


当院における乳癌検診と診断戦略

電子書籍販売価格(税込):
550

商品コード:
12174_13
著者:
松永忠東
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.82MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

 当院では、豊胸と乳癌診療を行っている。他院での豊胸後の乳癌検診も積極的に行っている。マンモグラフィの微細石灰化像、超音波での腫瘤および非腫瘤性変化、血性乳頭異常分泌は早期乳癌発見の端緒として重要である。異常を認めた場合の組織診断への診断過程を確立し、画像誘導下の針生検組織診を常時施行している。

 In our clinic, we give breast augmentation and breast cancer screening, diagnosis, and treatment. Breast cancer screening is positively done for the people after breast augmentation with mammography and sonography. Microcalcifications, sonographic abnormalities, and bloody nipple discharge are important findings for detection of breast cancer at early stage and the pathological diagnosis is performed under imaging diagnosis with vacuum assisted needle biopsy as a general rule. The imaging diagnosis is also available for deciding the indication of nipple-sparing subcutaneous mastectomy and immediate reconstruction with implants for breast cancer.

目次

Rad Fan TOPへ
Rad Fan (7月臨時増刊号) 13巻 8号 トップへ

【特集3】エキスパート施設の取り組みに迫る

■Clinical Report

▶当院における乳癌検診と診断戦略

松永忠東(ナグモクリニック東京)

このページの先頭へ