現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


再発卵巣癌に対するノギテカンの使用例の報告

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
12192_13
著者:
島本 久美、齋藤 俊章、長山 利奈、山口真一郎、嶋田 貴子、有吉 和也、岡留 雅夫
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
5.07MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Nogitecan Hydrochloride Treatment for Patients with Recurrent Ovarian Cancer

Summary
 Nogitecan hydrochloride(topotecan)has shown efficacy in patients with recurrent ovarian cancer, but has not been used widely in Japan. We evaluated the efficacy and adverse effects of topotecan in 12 patients(median age, 62 years)treated for recurrent ovarian cancer between 2000 and 2013. Four patients had relapsed after primary treatment, and 8 had relapsed at least twice. Seven patients had been treated with more than 3 prior regimens. Initial treatment of the 12 patients consisted of intravenous topotecan(1.0-1.4 mg/m2/day)for 5 consecutive days. Initial doses were based on previous chemotherapy and/or renal function, with reduced doses administered to patients with severe adverse effects during prior courses of treatment. The 12 patients received a total of 54 courses of topotecan(range, 1-15 courses). Of these 12 patients, one achieved a partial response and 6 had stable disease. The median time to progression was 14.4 weeks. All 12 patients had grade 3-4 myelosuppression, while none had febrile neutropenia or severe non-hematologic toxicities. Patients who received higher doses or increased courses of chemotherapy had apparently more severe adverse events. These findings suggested that topotecan should be used as a second- or third-line treatment, rather than later, in patients with tumor recurrence, with its dose reduced according to the physical status of each patient. Such strategies may enhance both the efficacy and safety of topotecan in patients with recurrent ovarian cancer.

要旨
 ノギテカン塩酸塩(ノギテカン)は再発卵巣癌に奏効を示す薬剤として期待されている。しかし,日本ではノギテカンが広く使用されているとはいえないのが現状である。当科で2000~2013年にノギテカンを使用した12症例において,治療効果と有害事象について検討した。4例が初回再発で7例が前治療として3レジメン以上の化学療法が行われていた。ノギテカンの初回投与量は1.0~1.4 mg/m2の5日間連続投与に設定した。前治療歴や腎機能に応じて投与量は減量した。総投与回数は1~15コースで全54コースであった。治療効果はPR 1例,SD 6例であった。無増悪期間の中央値は14.4週であった。有害事象として全例にgrade 3~4の骨髄抑制を認めたが,発熱性好中球減少は1例も認めなかった。前治療が多いほど重篤な骨髄抑制を認めていた。骨髄抑制以外の有害事象でgrade 3以上のものは認めなかった。ノギテカンを使用する際には投与量を症例の状況に応じて減量すること,再発のなるべく早い段階での使用が有効かつ安全な使用方法であると考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 42巻7号 2015年7月号トップへ

【医事】

▶再発卵巣癌に対するノギテカンの使用例の報告…島本 久美ほか

このページの先頭へ