現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


食道癌に対する化学放射線療法の現況と展望

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
12279_13
著者:
青木 丈明,中村 哲,掛地 吉弘
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.08MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Current Status and Future Prospects of Chemoradiotherapy for Esophageal Cancer

Summary
 Chemoradiotherapy is a very important factor and one of the 2 pillars of esophageal cancer treatment. Although esophagectomy is the standard treatment for clinical stageⅠ(T1N0M0)esophageal cancer, chemoradiotherapy is reported to be effective. Currently, a phaseⅢ clinical trial is underway to compare patients who undergo esophagectomy and those who receive radical chemoradiotherapy. Esophagectomy after neoadjuvant chemotherapy is the standard treatment for clinical stageⅡ/Ⅲ(except for T4)esophageal cancer, whereas chemoradiotherapy is regarded as the standard treatment for patients who wish to preserve their esophagus, those who refuse surgery, and those with inoperable disease. Chemoradiotherapy, rather than surgical treatment, is usually selected for clinical stageⅣ(T4/M1LYM)esophageal cancer. While curability increases with chemoradiotherapy, late adverse events such as cardiopulmonary toxicity and safety problems with salvage treatment of cases with residual tumor or recurrent cancer have been observed. New irradiation techniques using radiation technology are being developed, such as intensity-modulated radiation therapy(IMRT). These innovations are expected to improve treatment results by avoiding irradiation of at-risk organs, without reducing the target radiation volume. New treatments, including salvage protocols, introduction of new radiotherapy equipment such as IMRT, and new drugs, are being developed, and further advances are anticipated.

要旨
 化学放射線療法は,食道癌治療の二本柱として非常に重要な地位を占めている。臨床病期Ⅰ(T1N0M0)食道癌では食道切除が標準治療となっているが,化学放射線療法の有効性が報告され,現在,食道切除群と根治的化学放射線療法群を比較した第Ⅲ相試験が行われている。臨床病期Ⅱ/Ⅲ(T4を除く)食道癌では術前化学療法+手術治療が標準治療となっており,化学放射線療法は食道温存希望症例,手術拒否例,耐術不能例においての標準治療とされている。臨床病期Ⅳ(T4/M1LYM)では手術治療より化学放射線療法を選択する場合が多いと考えられる。化学放射線療法による根治性が高まる一方で,心肺毒性などの遅発性有害事象や遺残・再発例に対する救済治療の安全性に関する問題が認識されている。放射線照射技術の治療開発として強度変調放射線治療(intensity-modulated radiation therapy: IMRT)などの新しい照射技術があり,ターゲット・ボリュームを減らさずにリスク臓器を避けることにより治療成績の向上が期待される。救済治療,IMRTなどの新たな放射線治療機器の導入,新規薬剤を含めて新たな治療の開発が進んでおり,その発展が期待される。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 42巻10号 2015年10月号トップへ


【特集】化学放射線療法の現況と展望

▶食道癌に対する化学放射線療法の現況と展望…青木 丈明ほか

このページの先頭へ