現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


直腸癌手術におけるSurgical Site Infection(SSI)発生にかかわる免疫栄養因子の検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
12301_13
著者:
佐川まさの ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2015年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
2.06MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Immuno-Nutritional Factors Affecting the Incidence of Surgical Site Infection(SSI)after Rectal Cancer Surgery

Summary
 Background: We analyzed immune nutritional factors that affected the incidence of SSI in rectal cancer surgery. Method: A total of 103 patients who underwent rectal cancer resection were enrolled in this retrospective study. The risk factors(DM, BMI<18.5, ≧25.0, PNI≦40, G/L>2, CONUT≧2, mGPS D)for SSI(Grade≧Ⅱ)were analyzed. Result: The factors that significantly affected SSI(in 13 cases)was PNI≦40 on univariate analysis. In the analysis adjusted by age and sex, mGPS D and PNI≦40 were significant factors. In the stepwise selection method, PNI≦40 was selected as an independent factor. Conclusion: As a risk factor for SSI after rectal cancer surgery, PNI≦40 and mGPS were risk factors.

要旨
 直腸癌手術におけるSSI発生に影響する免疫栄養因子について検討した。対象と方法: 直腸癌切除103例を対象に術前のDMあり,BMI<18.5,≧25.0,PNI≦40,G/L>2,CONUT≧2,mGPS Dを危険因子に選択し,SSI発生(Grade≧Ⅱ)に影響する因子を検討した。結果: SSI発生(13例)に影響を与えた因子は単変量解析でPNI≦40,性別・年齢で調整後はPNI≦40,mGPS D,stepwise selectionではPNI≦40が選択された。結語: 直腸癌手術におけるSSI発生の危険因子として,免疫栄養因子ではPNIとmGPSが有用な指標であった。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 42巻10号 2015年10月号トップへ


【特別寄稿】第36回 癌免疫外科研究会

▶直腸癌手術におけるSurgical Site Infection(SSI)発生にかかわる免疫栄養因子の検討…佐川まさのほか

このページの先頭へ