現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

医療の質と経営の質 病院の本質と病院の基盤 第1版1刷

電子書籍販売価格(税込):
3,024

商品コード:
10309_13
著者:
グローバルヘルス研究所
出版社:
日本医学出版 出版社HP
発行:
2009年
ページ数:
224ペ-ジ
ファイル容量:
8.78MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

2008年、東京・大阪・福岡で開催されたセミナー「医療の質と経営の質」での9名の講演を掲載。 自治体病院から公的病院、医療法人、企業立の病院まで9病院が医療の質、経営の質を改善するうえで活用しているDPCデータの活用法を図や表を用いまとめた。 【10.DPCデータの料理法とベンチマーク】ではグローバルヘルス研究所の3名の研究員がDPCデータ、がん登録データ、外来データも融合して行ったより網羅的で詳細な分析方法について解説。 病院経営陣、医療職、事務職幹部、DPC導入担当者に。

目次

1.旭川赤十字病院の取り組み
2.岩手県立中央病院の取り組み
3.千葉県がんセンターDPC導入3年間の軌跡―医療の質の向上を経営の中核に
4.小牧市民病院の地域医療に根ざした変革の歩み
5.DPC導入の軌跡
6.DPC情報を用いた経営分析
7.佐久総合病院におけるDPC導入―医療の質の向上をめざして
8.DPC時代の医療の質と経営の質
9.DPC導入前後における医療の質と経営の質
10.病院の本質と病院の基盤―DPCデータの料理法とベンチマーク
このページの先頭へ