現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

化学の指針シリーズ 分子構造解析 第1版1刷

電子書籍販売価格(税込):
2,376

商品コード:
50432_13
著者:
山口健太郎
出版社:
裳華房 出版社HP
発行:
2008年
ページ数:
168ペ-ジ
ファイル容量:
13.7MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

オススメ商品

化学の指針シリーズ 化学環境学 第1版2刷

電子書籍販売価格(税込): 2,700 円

化学の指針シリーズ 超分子の化学 第1版1刷

電子書籍販売価格(税込): 2,592 円

化学の指針シリーズ 量子科学 第1版1刷

電子書籍販売価格(税込): 2,700 円

化学の指針シリーズ 分子構造解析 第1版1刷

電子書籍販売価格(税込): 2,376 円

化学の指針シリーズ 有機反応機構 第1版1刷

電子書籍販売価格(税込): 2,808 円

化学の指針シリーズ 化学プロセス工学 第1版1刷

電子書籍販売価格(税込): 2,592 円


内容紹介

近年開発が進む大型分析機器である質量分析,X線解析およびNMR解析装置を中心に,先端の構造解析法を紹介.また,複雑化した分析や構造解析を効率的に行うためポストゲノム科学等の研究領域で注目されている連携機器分析について,開発の現状や将来の展望について解説する.

目次

第1章 構造解析と分析
1.1 分子構造解析の手法
1.2 さまざまな機器分析
NMR/質量分析/元素分析/ESR/ESCA/原子吸光分析とICP発光分析/蛍光X線分析/粉末X線解析/X線吸収分光/各種分光分析法/単結晶X線解析/電子顕微鏡
1.3 理論計算による分子構造の推定
分子力学法/分子動力学法/分子軌道法
演習問題 
第2章 分光分析
2.1 種々の分光法
 2.1.1 紫外・可視吸光光度法
 2.1.2 蛍光光度法
 2.1.3 赤外分光スペクトルとラマンスペクトル
 2.1.4 電子スピン共鳴(ESR)
ESRの原理/ESRの生化学への応用
 2.1.5 旋光度測定法
旋光度/円二色性/旋光分散
演習問題 
第3章 質量分析
3.1 質量分析の概略
 3.1.1 イオン源
 3.1.2 イオン化法
電子イオン化(EI)/高速原子衝撃(FAB)/MALDI/ESI-MS
 3.1.3 分 析 部
磁場・電場型質量分析計/四重極型質量分析計(QMS)/飛行時間(TOF)質量分析計/フーリエ変換型(FT)質量分析装置
3.2 測定の実際
 3.2.1 スペクトル解析
 3.2.2 精密質量分析
3.3 生体への応用
 3.3.1 さまざまな生体質量分析
 3.3.2 ペプチドの質量分析
 3.3.3 スプレーイオン化とMALDIによる生体質量分析
演習問題 
第4章 X線結晶解析
4.1 X線結晶解析法の原理
 4.1.1 X線の本質
 4.1.2 X線と物質の相互作用
 4.1.3 回折と構造解析
 4.1.4 逆格子と逆空間
 4.1.5 位相問題
4.2 結晶学
 4.2.1 結晶の対称性
 4.2.2 晶系と格子定数
 4.2.3 ブラベ格子,ラウエ群,点群および対称操作
 4.2.4 回折実験
 4.2.5 構造解析
4.3 解析結果の応用
 4.3.1 結晶の対称性
対称中心と反転/回転/鏡映/らせん/映進
 4.3.2 空間群の決定
消滅則と空間群
 4.3.3 絶対配置の決定とX線解析の応用
不斉と半面像的結晶/絶対構造の決定/X線解析の利用
 4.3.4 生体分子への応用
演習問題 
第5章 核磁気共鳴
5.1 核磁気共鳴の原理
 5.1.1 核スピンとゼーマン分裂
 5.1.2 核磁気共鳴装置
5.2 パルスFT-NMR分光法
 5.2.1 FT-NMRの基本原理
 5.2.2 FT-NMR装置
5.3 NMR測定
 5.3.1 NMRスペクトル解析
 5.3.2 NMRによる構造解析
5.4 13C-NMR
 5.4.1 13C-NMRスペクトル解析
 5.4.2 ケミカルシフトと構造
5.5 主要測定技術
 5.5.1 デカップリング
 5.5.2 化学平衡と温度
 5.5.3 NOE
 5.5.4 緩和
 5.5.5 パルス系列
 5.5.6 イメージング
 5.5.7 固体NMR
 5.5.8 生体分子への応用
演習問題 
第6章 連携機器分析と構造解析の未来
6.1 分離分析と大型機器の連結
移動ベルト・ワイヤー法/直接溶液導入法/粒子ビーム法/溶離ジェット法/フリット法/スプレー法
6.2 単独機器分析の壁と機器分析の連携
6.3 質量分析―X線解析―核磁気共鳴
質量分析/X線解析/核磁気共鳴
演習問題 
さらに勉強したい人たちのために
演習問題解答
索 引

Column
化学分析の始まりは錬金術?
CDを用いて絶対構造が決められる?
ネオンの同位体を発見したのは誰か?
ブラッグ親子とブラッグ条件の真?の意味
1つの発見か,それとも2つか?
地球大気圏外から飛来したアデニン
このページの先頭へ