現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

脱・介護地獄 痴呆性高齢者をかかえる家族に捧ぐ 第1版4刷

電子書籍販売価格(税込):
1,728

商品コード:
10411_13
著者:
今井幸充 著
出版社:
ワールドプランニング 出版社HP
発行:
1999年
ページ数:
214ペ-ジ
ファイル容量:
2.14MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

「親族の無責任な干渉」
「無意味な同情」
「理想と現実のギャップ」

・・・数え上げればキリがないほど,痴呆性高齢者をかかえる家族はさまざまなものと闘っています.
本書は,介護家族の心身の負担を軽くし,気張らず自然にまかせた介護をするための応援書です.

目次

はじめに
第一章  老化とボケ
 一  こころの老化
    (一)知能の老化
    (二)感情の老化
    (三)意欲の老化
 二  三つのボケ
    (一)生理的なボケ
    (二)治るボケ
    (三)ストレスとボケ
    (四)痴呆のボケ
第二章  痴呆が起こったら
 一  歳を取ると、もの忘れは当たり前
 二  こんなことがみられたら要注意
 三  痴呆と気づいたとき
    (一)どのようにして病院につれて行くのか
    (二)病院のなに科に行くのか
    (三)医師に何と説明するのか
    (四)医師はなにをどのように診るのか
 四  医師にできること…できないこと…
 五  担当医師との上手なお付き合い
 六  病院と施設の違い
第三章  痴呆と家族
 一  崩れ落ちたサザエさん一家
 二  家族は「隠れた患者」
 三  介護は負担を伴う
 四  介護を少し楽するために
 五  在宅介護は当然なのか
 六  「恩」「孝」「忠」の家族観
 七  世間体と同居
 八  長男がみるとだれが決めた
 九  自分の老後は自分で決める
 一〇 介護者の条件
 一一 介護者の介護者
 一二 ボケたから優しくしろとは虫がいい
 一三 介護にも向き不向きがある
    (一)介護に向いている人
    (二)介護に不向きな人
 一四 TVの人生相談って…
 一五 他人は無責任
 一六 介護者の周りの皆さまへ
第四章  楽して介護する方法
 一  痴呆性高齢者も戦っている
 二  感情は忘れない
 三  介護を楽にする最大のヒント
 四  できることはたくさんある
 五  できないことは、できない
 六  家事はいっしょに
 七  がんばるだけが能じゃない
 八  介護者は司令塔
 九  遠くの親戚よりも近くの他人
 一〇 介護者の生活を第一に
 一一 呼び寄せ老人の幸不幸
 一二 介護者が留守のとき
 一三 さぼることも大切
 一四 家事の手を抜いて
 一五 気張らず介護を
 一六 介護も生活の一部
 一七 寝たきりのほうが介護は楽
 一八 優しくなれとはいうけれど
 一九 介護の限界は自分で決める
 二〇 入所施設をあらかじめ決めておく
 二一 施設介護も一つの選択
 二二 施設の選び方
 二三 施設に求めるもの
第五章  ちょっと視点を変えた介護方法
 一  まずは一服
 二  介護者のイライラが移る
 三  何度聞けば気がすむの
 四  もの忘れは治らない
 五  財布が盗まれる
 六  悪口を言いふらす
 七  性への異常な関心
 八  あなたの親なのに…
 九  あなたは夫じゃない
 一〇 徘徊には理由がある
 一一 徘徊事故を防ぐ方法
 一二 女性に多い夕暮れの騒ぎ
 一三 できることには手を貸さない
 一四 できないことをさせるのは大変
 一五 「駄目」とはいってはみたが
 一六 いうことを聞いてくれない
 一七 思うようにならないのが介護
 一八 お風呂なんて嫌
 一九 失禁は介護の分かれ目
 二〇 オムツ交換はさりげなく
 二一 洋式トイレに棲む魔物
 二二 ポケットのなかのうんち
 二三 他人の介護法が役に立つとは限らない
参考・一  長寿の国、日本
 一  高齢社会の到来
 二  高齢少子化時代
 三  要介護高齢者
 四  急騰する高齢者医療費
 五  新ゴールドプラン
 六  公的介護保険制度
 七  介護保険給付対象者とその内容
 八  財源確保は大丈夫か
参考・二  痴呆のメカニズム
 一  痴呆は何人いるのか
 二  アルツハイマー型痴呆は増えているのか
 三  脳血管性痴呆の減少
 四  ボケの起こり
 五  アルツハイマー病
 六  アルツハイマー病とアルツハイマー型老年痴呆
 七  アルツハイマー型痴呆の病態
 八  痴呆の中心症状
 九  記憶の障害
 一〇 見当識の障害
 一一 言葉の理解の障害
 一二 判断力の障害
 一三 性格の変化
 一四 その他のボケの症状
 一五 痴呆と紛らわしい高齢者のうつ病
参考・三  痴呆はどのように進行するのか
 一  痴呆の程度
    (一)軽度の痴呆
    (二)中等度の痴呆
    (三)重度の痴呆
 二  アルツハイマー型痴呆の経過
    (一)初期(第一期)
    (二)中期(第二期)
    (三)末期(第三期)
 三  脳血管性痴呆の経過
 四  異常行動の出現
 五  痴呆性高齢者の余命
 六  痴呆性高齢者の死因
 七  薬の話
    (一)痴呆の薬物治療
    (二)脳代謝改善薬が発売認可取り消しになったこと
    (三)アルツハイマー病の新薬
    (四)異常行動への薬物療法
稿を終えて
このページの先頭へ