現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

有機化学スタンダード 有機反応・合成 第1版1刷

電子書籍販売価格(税込):
3,024

商品コード:
50678_13
著者:
小林進
出版社:
裳華房 出版社HP
発行:
2018年
ページ数:
192ペ-ジ
ファイル容量:
45.1MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

オススメ商品

有機化学スタンダード 生物有機化学 第1版1刷

電子書籍販売価格(税込): 3,024 円

有機化学スタンダード 有機反応・合成 第1版1刷

電子書籍販売価格(税込): 3,024 円

有機化学スタンダード 立体化学 第1版1刷

電子書籍販売価格(税込): 2,592 円

有機化学スタンダード 基礎有機化学 第1版1刷

電子書籍販売価格(税込): 2,808 円


内容紹介

「反応」と「合成」は車の両輪のようなものである.本書では,まず官能基ごとの反応機構を体系的に身につけ,そのうえで炭素骨格の構築法を,さらにはプロスタグランジン合成の実例を学ぶ.行き届いた解説や豊富な反応図によって有機反応・合成化学の魅力に触れ,また章末の演習問題を通して有機反応の“引き出し”を増やすことで,多彩な有機化合物の合成法を自らのものとすることができるだろう.

目次

第1章 有機反応と合成
1・1 有機反応と合成の関係についての概略
1・2 有機反応の分類の概略
1・3 合成の概略
第2章 脂肪族炭化水素の反応
2・1 アルカンの反応
 2・1・1 ハロゲン化アルキルの合成
2・2 アルケンの反応
 2・2・1 ハロゲン化水素の付加反応・水の付加反応
 2・2・2 ハロゲンの付加反応
 2・2・3 酸化反応と還元反応
 2・2・4 共役ジエンの反応
2・3 アルキンの反応
 2・3・1 ハロゲン・ハロゲン化水素・水の付加反応
 2・3・2 アルキンの還元反応
 2・3・3 末端アルキンのアルキル化反応
演習問題
第3章 ベンゼンと芳香族炭化水素の反応(1)―求電子置換反応―
3・1 ベンゼンの置換反応
3・2 置換ベンゼンへの置換反応
 3・2・1 置換基と反応性
 3・2・2 置換基と配向性
3・3 ベンゼンのアルキル化反応とアシル化反応
 3・3・1 フリーデル-クラフツアルキル化反応
 3・3・2 フリーデル-クラフツアシル化反応
3・4 ナフタレン・芳香族複素環化合物の置換反応
演習問題
第4章 ベンゼンと芳香族炭化水素の反応(2)―その他の反応―
4・1 芳香族求核置換反応
4・2 ベンザインの生成と反応
4・3 芳香族化合物の酸化
4・4 芳香族化合物の還元
演習問題
第5章 ハロゲン化アルキルの反応
5・1 置換反応
 5・1・1 求核置換反応の種類
 5・1・2 SN1反応
 5・1・3 SN2反応
5・2 脱離反応
 5・2・1 脱離反応の種類
 5・2・2 E1反応
 5・2・3 E2反応
 5・2・4 競争反応:SN1反応 vs E1反応、SN2反応 vs E2反応
 5・2・5 Ei反応
5・3 グリニャール試薬の調製と反応
演習問題
第6章 アルコール・エポキシドの反応
6・1 アルコールからハロゲン化アルキルへの変換
6・2 脱水反応
6・3 酸化反応
 6・3・1 アルコールの種類と酸化反応
 6・3・2 ジョーンズ酸化
 6・3・3 PCC酸化
6・4 エーテルの合成
6・5 エポキシドの開環反応
6・6 チオールのアルキル化反応
演習問題
第7章 アルデヒド・ケトンに対する求核付加反応
7・1 アルデヒド・ケトンの還元
7・2 水・アルコールの付加
7・3 求核付加反応
7・4 ウィッティヒ反応
7・5 アミンとの反応
7・6 共役付加
演習問題
第8章 カルボン酸誘導体の反応
8・1 カルボン酸誘導体の種類と反応性の違い
8・2 アシル置換反応および付加反応
 8・2・1 カルボン酸とカルボン酸誘導体との相互変換
 8・2・2 カルボン酸誘導体間での変換
 8・2・3 求核付加反応
8・3 ニトリルの反応
演習問題
第9章 カルボニル化合物のα位での反応
9・1 ケト-エノール互変異性
9・2 ケトンのα位のハロゲン化
9・3 エノラートイオンの生成とアルキル化
 9・3・1 エノールとエノラートイオン
 9・3・2 エノラートイオンの生成
 9・3・3 活性メチレン化合物
 9・3・4 エノラートイオンのアルキル化
 9・3・5 エステルのエノラートイオンのアルキル化とマロン酸エステル合成
演習問題
第10章 カルボニル化合物の縮合反応
10・1 アルドール反応
10・2 アルドール反応の応用
 10・2・1 分子内アルドール反応:シクロペンテノンの合成
 10・2・2 ロビンソン環化
10・3 エステル縮合
演習問題
第11章 アミンの反応
11・1 アミンのアルキル化
11・2 アミンの合成
11・3 カルボン酸とアミンの脱水縮合によるアミドの合成
11・4 芳香族アミンの反応
演習問題
第12章 転位反応
12・1 段階的な転位反応
 12・1・1 ワーグナー-メーヤワイン転位
 12・1・2 ピナコール転位
 12・1・3 ベックマン転位
 12・1・4 クルチウス転位
 12・1・5 ウォルフ転位
 12・1・6 バイヤー-ビリガー酸化
12・2 シグマトロピー転位
 12・2・1 クライゼン転位
 12・2・2 コープ転位
演習問題
第13章 炭素骨格の形成(1)―炭素鎖の伸長―
13・1 逆合成解析の考え方
13・2 官能基を足掛りにした炭素―炭素結合形成(1)―カルボニル基の反応―
 13・2・1 アルデヒド・ケトンを利用する例
13・3 官能基を足掛りにした炭素―炭素結合形成(2)―アルケン・アルキンの反応―
 13・3・1 アルケンを利用する例
 13・3・2 アルキンを利用する例
13・4 官能基の変換と保護基の使い方
 13・4・1 保護基としての条件
 13・4・2 保護基の種類
 13・4・3 複数の官能基の効率的な保護
演習問題
第14章 炭素骨格の形成(2)―環状骨格の形成―
14・1 シクロヘキサン環の形成
 14・1・1 ロビンソン環化反応
 14・1・2 ディールス-アルダー反応
14・2 シクロペンタン環の形成
 14・2・1 1,4-ジケトン類からのアルドール・脱水反応
14・3 シクロブタン環の形成
14・4 シクロプロパン環の形成
第15章 実際の合成例:プロスタグランジン
15・1 プロスタグランジンとは
15・2 コーリー博士によるプロスタグランジンの合成
 15・2・1 合成戦略の立案1:コーリーラクトン(共通鍵中間体)の想定
 15・2・2 合成戦略の立案2:コーリーラクトンの合成戦略
 15・2・3 実際の合成
 15・2・4 プロスタグランジン合成の課題と意義
演習問題解答

COLUMN
反応と合成
立体選択的反応 vs 立体特異的反応
人名反応
オルト・メタ・パラの語源
ハロゲン化アルキルとアルキルスルホナート
酸素と硫黄
長鎖脂肪酸
活性メチレンを用いる多段階アルキル化も捨てたものではない
環化:cyclizationとannulation
生体内で重要な働きをしているアミン
古典的カルボカチオン vs 非古典的カルボカチオン
ヒドロキシ基の保護基:シリル系保護基
いろいろな対称要素:エナンチオトピック・ジアステレオトピック・ホモトピック
このページの先頭へ