現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

Field CancerizationとField Therapy―イミキモドによる日光角化症治療―

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
10514_13
著者:
出月 健夫
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.51MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Field Cancerization and Field Therapy―The Therapy of Actinic Keratosis by Imiquimod

Summary
 Field cancerization is a phenomenon in which multiple cancers easily occur on a specific area by carcinogens such as alcohol or ultraviolet rays. Deficiency of aldehyde dehydrogenase-2 increases the level of formaldehyde when drinking, and is considered an important factor for causing middle or lower pharyngeal cancer and esophageal cancer. Multiple actinic keratoses frequently occur both in synchronism or asynchronism on elderly people as a consequence of cumulative ultraviolet exposure. Field therapy, the regional overall treatment of actinic keratosis which takes place on the same field, is made possible by external use of imiquimod cream. Imiquimod is a topical immune response modifier which is effective through toll-like receptor 7, and it has fewer recurrences of actinic keratoses than the existing treatment.

要旨
 アルコールや紫外線などの発癌因子により,領域として癌が発生しやすい状態をfield cancerizationという。中下咽頭,食道癌においては,アルデヒド脱水素酵素2の欠損により,アルコール摂取時のホルムアルデヒド濃度が高くなることが原因として重要視されている。また高齢者の頭部顔面皮膚に生じる日光角化症も,紫外線が原因で同時性,異時性に多発することがある。日光角化症に対しては,イミキモドクリーム外用によるfield cancerizationを起こしている領域全体の治療,すなわちfield therapyが可能になった。イミキモドはToll様受容体7を介した免疫賦活作用のある薬剤で,従来の治療と比較し再発が少ないと考えられている。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻1号 2013年1月号トップへ

【総説】
▶Field CancerizationとField Therapy―イミキモドによる日光角化症治療―…出月 健夫
このページの先頭へ