現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

悪性黒色腫に対する新しい分子標的薬

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
10518_13
著者:
高橋 俊二
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
7ペ-ジ
ファイル容量:
1.57MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Molecular-Target Therapy for Advanced Malignant Melanoma

Summary
 Malignant melanoma is insensitive to chemotherapy, and standard therapy for metastatic melanoma has been dacarbazine for years. Molecular abnormalities of malignant melanoma, mainly of MAP kinase signals such as BRAF mutation, have been clarified, and molecular target therapy for melanoma has been developed recently. Vemurafenib, an inhibitor for mutated BRAF, has shown its efficacy for the first time, with response rate of more than 50%, and an overall improvement in survival compared with dacarbazine in a phaseⅢ study. Skin toxicities including squamous cell carcinoma, are the most severe adverse events. Another BRAF inhibitor, dabrafenib, and a MEK inhibitor, trametinib, have shown excellent efficacy in clinical studies.
 Melanoma also has high immunogenicity, and cytokines or cell immunotherapy have shown some efficacy. Recently, the importance of immune checkpoints which adjust T-cell activation, such as the cytotoxic T-lymphocyte-associated antigen 4(CTLA-4), -B7 or the programmed cell death protein-1(PD1)-PD1 ligand(PDL1), have been clarified. Targeting those immune checkpoints is expected to be effective for enhancing tumor immunity. CTLA-4 antibody ipilimumab has been reported to improve overall survival in two phaseⅢ studies. Major adverse events were autoimmune response such as colitis, eruption, liver dysfunction and endocrineopathies. Antibodies to PD1 or PDL1 have shown a higher response rate than those of ipilimumab, and seem to accompany fewer autoimmune responses in phaseⅠ studies. These two types of targeting therapy are expected to be standard therapies for melanoma.

要旨
 悪性黒色腫は化学療法に対して低感受性であり,転移性黒色腫の標準治療は長年ダカルバジンであった。最近,黒色腫についてもBRAF変異をはじめとしてMAP kinase系を中心とした分子異常の詳細が明らかになってきており,分子標的治療薬の開発が進んでいる。まず有効性が証明されたのは変異BRAF阻害剤であるvemurafenibで,50%以上の奏効率とダカルバジンとの第Ⅲ相比較試験における生存期間の改善が報告された。有害事象としては【扁】平上皮癌をはじめとする皮膚症状が問題になっている。さらに新規のBRAF阻害剤dabrafenib,MEK阻害剤trametinibについても優れた効果が報告されている。
 一方,悪性黒色腫は免疫原性が強く,サイトカインや細胞免疫療法の有効性が報告されてきた。最近,T細胞の活性化を調整する免疫調節物質(immune checkpoints)としてcytotoxic T-lymphocyte-associated antigen 4(CTLA-4)-B7系やprogrammed cell death protein-1(PD1)-PD1 ligand(PDL1)系などの機能が明らかになり,これらの免疫調節物質を標的としその機能を抑制することによって腫瘍免疫反応を促進する分子標的治療薬が期待され,臨床試験でも有効性が明らかになってきている。CTLA-4抗体ipilimumabは二つの第Ⅲ相比較試験において生存期間を改善することが報告された。副作用としては種々の自己免疫様反応(腸炎,皮疹,肝障害,内分泌障害)が報告されている。さらにPD1,PDL1抗体については第Ⅰ相試験でipilimumabより高い奏効率が報告され,比較的自己免疫様反応の比率が低いことが報告されている。今後,これらの2種類の分子標的治療が悪性黒色腫の標準治療になることが期待される。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻1号 2013年1月号トップへ

【特集】新しい分子標的治療薬による治療戦略
▶悪性黒色腫に対する新しい分子標的薬…高橋 俊二
このページの先頭へ