現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

前立腺癌による新しい分子標的薬―AbirateroneおよびMDV3100に関する第Ⅲ相試験結果―

電子書籍販売価格(税込):
1,080

商品コード:
10520_13
著者:
赤座 英之
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.46MB


電子書籍閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末

内容紹介

Epoch Making Development of New Drugs for Prostate Cancer

Summary
 Prostate cancer responds well to androgen depletion therapy(ADT). However, when ADT was initiated on advanced prostate cancer, many become Castration-Resistant Prostate Cancer(CRPC)within a few years. Thus, development of new agents against CRPC is warranted. At the 2012 ASCO Meeting, results from two global randomized trials were given a warm reception. One trial involved abiraterone acetate and the other MDV3100.

要旨
 現在,去勢抵抗前立腺癌に対する薬剤の開発が盛んである。前立腺癌は,抗アンドロゲン療法に著効を示すが,進行癌では,多くが再燃するからである。2011年のASCOでは,二つの第Ⅲ相試験結果の発表が注目を浴びた。abiraterone acetateとMDV3100が,それである。本稿では,この二つの発表内容についてを概説する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻1号 2013年1月号トップへ

【特集】新しい分子標的治療薬による治療戦略
▶前立腺癌による新しい分子標的薬―AbirateroneおよびMDV3100に関する第Ⅲ相試験結果―…赤座 英之
このページの先頭へ